北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

ジュラシック・ワールド | 鑑賞後の感想・あらすじ ・予告動画

Pocket
LINEで送る

ジュラシック・ワールド 原題 :Jurassic World

この夏1番の興奮とスリルを!!あのテーマパークが20年の時を経て、ついに《オープン》!!

超メガヒットシリーズ最新作『ジュラシック・ワールド』8月5日(水)公開

初登場第1位スタート!!!

日本に先駆け世界中で公開され、『アバター』『タイタニック』に次ぐ、全世界歴代興収第3位となるなど、歴代の映画史記録を次々と塗り替え社会現象となっている『ジュラシック・ワールド』が遂に5日(水)最後の公開国となる日本で封切られた。同週は邦画・洋画いずれも注目作が揃う、夏休みイチの激戦区だったが、8日(土)、9日(日)の週末興収ランキングでは、他作品を全く寄せ付けない圧倒的な強さでオープニング興行収入8億4,512万円を記録し堂々初登場第1位に輝いた!!更に公開たった5日間で劇場動員数が100万人(107万3,326人)を突破する快挙も成し遂げた!また、日本でのオープニング興収第1位の結果を受け、本作が公開された69の全ての国と地域において≪全世界オープニング興収第1位≫という偉業達成した!

サブ①

全国の各劇場では初日から満席が続出し、待ちわびていたファンが劇場へ押し寄せ公開してわずか5日間にして累計興行収入は15億円(15億9,413万円)を突破した!本作は大半が3D方式で上映されているほか、同様に天井から床までの大画面で上映するIMAX上映やアトラクションさながらに映画を鑑賞することが出来るMX4D、4DXでの上映を行っている。本作の大迫力の臨場感を実際に体験できることが高い集客力に繋がった。劇場には『ジュラシック・パーク』を昔、劇場で観た“ジュラシック”世代ともいえる30代40代の大人だけではなく、親子連れや学生のグループ、若いカップルなどこれまでのシリーズを知らなかった若者層も多く取り込んでいる。今までの映画を鑑賞するという形だけでなく、“体感する”といった新しい鑑賞形態は「本当に映画の世界にいるような気持になった」とSNS等での口コミも後押しをしている。テーマパークにいるような疑似体験が出来る『ジュラシック・ワールド』は夏休み映画として最高のスタートを切ったと言え、全世界規模で巻き起こっていた “ジュラシック・フィーバー”が最後の地、日本でも熱く巻き起こる結果となった!

サブ③

シリーズ第1作・第2作で監督を務めたハリウッドのヒットメーカー:スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮をつとめ、これまでのシリーズの迫力をそのままに、壮大なスケールで世界最高のテーマパーク、そして新たな恐竜の世界を作り上げた!
主人公には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で一躍知名度を上げたクリス・プラット、さらに『ターミネーター4』のブライス・ダラス・ハワードらが名を連ね、初の長編作がサンダンス映画祭で高く評価された気鋭の新人コリン・トレボロウがメガホンをとる。

あらすじ

あの事件から22年後。マスラニ社が、遺伝子開発技術を進歩させたことにより、恐竜を甦らせ、様々なアトラクションを作り、ついに“ジュラシック・ワールド”がオープンした。そこへ、パークの運営責任者のクレアの甥、ザックとグレイがやって来た。
2人は、お目付役の手を振り切ってパーク観光へ。一方、パークでは遺伝子操作で生み出したハイブリット恐竜のインドミナス・レックスが誕生していた。防護壁を破って逃走したインドミナスは、パーク内へと向かう。少年たちを救うため、クレアは恐竜の専門家で元軍人のオーウェンに助けを求める。
第一作目と同じく恐竜が大暴れし、人間を襲うのだが今回は、人間が遺伝子操作で作ったハイブリッドな新種インドミナス・レックスで、ベースはT-REXだが、他の爬虫類の特色を持ち、知能が高いが獰猛で残忍。

メイン

恐竜を安全に管理できると傲る人間が創りだした、ハイブリッドな恐竜に人間がいかに立ち向かうのか?
本作のテーマ・パーク内の撮影は、シリーズ過去作と同様、日本人に人気の観光地、ハワイのオアフ島やカウアイ島で撮影が行われた。
映画の感想は、驚き、壮大、恐怖、興奮、スリルにあふれており、まさしく映画そのものがテーマパークのスケールだ。
記者は3Dで鑑賞したが、7/20にユナイテッド・シネマ札幌にオープンした、4DX®シアターで再度体感したいと思うくらいのゴージャスな本作は、勿論この夏のイチオシの大作だ!
ジュラシック・ワールドの世界は、Webページでも楽しめる。
http://jp.jurassicworldintl.com/tickets/
こちらのページから、スタンダードやファミリー向けのパーク入場券を購入できる(?)。パークの安全性や、恐竜のマメ知識を学んでから、ジュラシック・ワールドを観に行こう!!

サブ②

 

予告動画

Jurassic World
Steven Spielberg returns to executive produce the long-awaited next installment of his groundbreaking Jurassic Park series, Jurassic World. Colin Trevorrow directs the epic action-adventure based on characters created by Michael Crichton. The screenplay is by Rick Jaffa & Amanda Silver and Trevorrow & Derek Connolly, and the story is by Rick Jaffa & Amanda Silver. Frank Marshall and Patrick Crowley join the team as producers.
5 August 2015 (Japan)

原題:Jurassic World

監督:コリン・トレボロウ

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、トーマス・タル

製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー

脚本:リック・ジャッファ&アマンダ・シルヴァーandデレク・コノリー&コリン・トレボロウ

ストーリー:リック・ジャッファ & アマンダ・シルヴァー

キャラクター原案:マイケル・クライトン

キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード

ヴィンセント・ドノフリオ、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン、

オマール・シー、B・D・ウォン、イルファーン・カーン

作品データ

上映時間 125分 製作年 2015年 映倫区分 G 製作国 アメリカ  配給 東宝東和

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。