北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

チャップリンからの贈りもの | 鑑賞後の感想・あらすじ ・予告動画

Pocket
LINEで送る

チャップリンからの贈りもの  原題:Larancon de la gloire

世界が驚愕!チャップリン遺体誘拐事件がまさかの映画化!それは、喜劇王が遺してくれた、最高の贈りもの。

©Marie-Julie Maille / Why Not Productions

©Marie-Julie Maille / Why Not Productions

全世界を駆けめぐった驚愕のニュースの正体は、人生どん底の2人が天国の喜劇王に救いを求めた、とんでもなく間の抜けた犯行劇だった―。

1978年、スイスで実際に起きた“チャップリン遺体誘拐事件”が、40年近い歳月を経てまさかの映画化。貧しい移民の2人組による犯行という事実を元に、コミカルなユーモアとほろ苦い人間味を加え、現代社会にも通じる極上のヒューマンドラマが誕生した。

何をやっても上手くいかない失敗続きの2人が、家族や仲間の愛に支えられ、やがて自分の生きる道を見出していくストーリーは、つねに弱者の味方だったチャップリンへのオマージュにあふれている。ラストに訪れる“幸せすぎるどんでん返し”には、誰もが感動の涙を流さずにいられない。

予告動画

あらすじ

愛する家族のため、大切な友人のため、お金が必要だった2人。救いを求めたのは、天国に旅立ったばかりの“友だち”だった。

1977年12月25日。世界の喜劇王チャーリー・チャップリン死去。スイス・レマン湖畔。お調子者のエディの親友オスマンは、娘がまだ小さく妻は入院中。医療費が払えなくなるほど貧しい生活を送っていた。そんな時テレビから“喜劇王チャップリン死去”という衝撃のニュースが。エディは埋葬されたチャップリンの柩を盗み身代金で生活を立て直そうと、弱気のオスマンを巻き込んで決死の犯行へ。

ところが、詰めの甘い計画は次々にボロを出すばかりか、ツキのなさにも見舞われて崩壊寸前。あきらめかけた時、追詰められたオスマンが最後の賭けに出た。人生どん底の2人に救いの手は差し伸べられるのか――。

鑑賞後の感想

映画化にあたりチャップリン遺族の全面協力が得られ、チャップリンが埋葬された墓地がロケ地として提供されたばかりか、亡くなるまで住んだ邸宅に当時のままの調度品を揃え、孫娘のドロレス・チャップリンがそこでチャップリンの娘役を演じるという夢のようなシーンが実現。

さらに息子のユージーン・チャップリンもサーカスの支配人役として出演した。音楽は『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』などで知られる巨匠ミシェル・ルグランを、シーンに合わせて散りばめるように音楽が映像に美しく装う。

 フランス映画界の名優たちが、チャップリンを偲び、喜劇王を連想させるがごとく、時には滑稽に、時には甘く切なく、家族や友を想い合いながらドラマティックに物語は展開しつつ、チャップリン作品のオマージュシーンが随所に登場し、粋な雰囲気が漂う。
チャップリンの遺体を誘拐し、身代金を要求というコンビの、トンデモ話だが本当にあった話で、これが単なるクリミナルストーリーではない。運の無い遺体誘拐コンビが巻き起こす騒動だが、その背景にある物語は、観客の心を優しく掴み、ついには涙してしまう・・・そして喜劇王チャップリンからの贈りものとは一体何なのかー?
記者にとってのチャップリンは、モノクロ世界の人物で、ヒットラーのコメディを演じていた印象の強い遠い存在の喜劇王。その喜劇王がフランス国民にどれだけ愛され、尊敬されていたか理解できる素敵な映画となっている。  9月5日(土) シアターキノにて公開!  (全国では7月18日~順次公開)

作品データ

上映時間 115分 製作年 2014年 製作国 フランス 映倫区分 G 配給 ギャガ 公式サイト

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。