北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

罪の余白 | 娘を亡くした行動心理学者の父親vs命を弄ぶ邪悪な女子高生/ 鑑賞後の感想・あらすじ ・予告動画

Pocket
LINEで送る

映画史上最も危険な対決!禁断の問題作、待望の映画化!娘を亡くした行動心理学者の父親vs命を弄ぶ邪悪な女子高生

衝撃の事実が父の心を暴走させる、究極の心理サスペンス

『罪の余白』10月3日(土)ディノスシネマズ札幌劇場ほか全道にて公開!

(C)2015「罪の余白」フィルムパートナーズ

(C)2015「罪の余白」フィルムパートナーズ

なぜ娘は死んだのか?真実は娘の遺した「日記」に―

名門女子校に通う娘・加奈(吉田美佳子)が教室のベランダから落ちて死んだ。妻に先立たれてから父娘二人で仲睦まじく生活してきた父・安藤聡(内田聖陽)にとって理解できない現実だった。自殺か?事故か?なぜ娘は死んだのか――。心理学者の安藤にとって娘の変化に気が付かなかった自分を責める日々が続いていた。そんなある日、娘の遺した日記を発見し加奈の悲痛な叫びを目にする。クラスメートとの間で何があったのか、いったいなぜ娘は死ななければならなかったのか。そこにはスクールカーストの頂点に君臨する木場咲(吉本実憂)という美しい少女の存在があった。加奈の親友という表の顔のその裏には友人のみならず教師や警察の心までも操る残忍な悪魔だった。ことの真相を知った安藤は復讐を誓うが咲の策略にはまっていくばかり。すべてを失った安藤が最後にとった行動とは――。

父の狂気へと走る心と、女子高生の悪意をサスペンスフルに描く、衝撃と極限、自己愛と親子愛、罪と償いの心理戦!

心理を研究する者vs心理を操る者
追いつめるか、追いつめられるか

衝撃の真実が父の心を暴走させる、究極の心理サスペンス!

原作は第3回野生時代フロンティア文学賞を受賞した芦沢央のデビュー作「罪の余白」(角川文庫刊)。文学界に新たな挑戦状を叩きつけた衝撃のサスペンス小説。

監督は『スープ~生まれ変わりの物語』(12)日仏合作映画『FLARE~フレア』(14)などを手掛けてきた大塚祐吉。原作に仕掛けられている多数の罠を、大塚ワールドならではの映像に落とし込み、見事に一級サスペンスに仕上げた。

プロデューサーの二村慈哉は「安藤にとってどうしても敵わない美人で頭の切れる女子高生。苦悩の末に、最後に安藤が選んだ究極の方法。どうしようもなく強い自我を持ってしまった思春期の少女と、少女との真っ向対決を選んだ男。一言で「罪」とは言いきれない・・・その「余白」~場面場面でのふたりの選択を楽しんでほしい」と見どころを語っている。

被害者の家族vs加害者の対決という、罪の概念を打ち砕く、驚愕の心理サスペンス映画が誕生!!

罪の余白』 10月3日(土)ディノスシネマズ札幌劇場ほか全道にて公開!

監督:大塚祐吉

原作:芹沢央
出演:内野聖陽、吉本実憂、谷村美月、葵わかな、宇野愛海
上映時間:120分

 

Kieko

————————————————————

Tsumi no Yohaku

Ando (Masaaki Uchino) can’t accept this his daughter Kana committed suicide. Kana fell from the ledge of a school building and died. Ando attempts to find out the truth behind his daughter’s death. He becomes suspicious of his daughter’s former classmate, Saki (Miyu Yoshimoto). Saki isn’t a typical high school student and she aspires to work in show business. She dominates her high school with her charisma.

Writer Profile

kieko
kieko
「E.T.」を観て、自転車は爆走すると空を飛ぶと信じ、「グーニーズ」を観て、海には大冒険が待っていると信じていました。そんな私が今注目しているのはインド映画界ボリウッド。踊って歌って笑ってる・・・だけじゃない魅力もあるんです♪
おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。