北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

24歳でお寺の住職に!心がホッコリとする“坊さんワールド” 『ボクは坊さん。』鑑賞後の感想・あらすじ ・予告動画

Pocket
LINEで送る

日々迷いも不安もある。

そんなボクが、24歳でお寺の住職になり、自分の道を見つけるまで。

ボクは坊さん。」10月24日(土) ディノスシネマズ札幌劇場 シネプレックス旭川で公開!

白方光円、24歳。突然の祖父の死をきっかけに、四国八十八ヶ所霊場、第57番札所・栄福寺の住職になったばかり。この寺で生まれ育ったけれど、住職として足を踏み入れた“坊さんワールド”は想像以上に奥深いものだった!

初めて見る坊さん専用グッズや、個性豊かな僧侶との出会いにワクワクしたり、檀家の人たちとの関係に悩んだり。お葬式や結婚式で人々の人生の節目を見守るのはもちろん、地域の“顔”としての役割もある。職業柄、人の生死に立ち合うことで“生きるとは何か?死ぬとは何か?”と考えたりもする。坊さんとしての道を歩み始めたばかりの光円に何が出来るのか。何が伝えられるのか。光円は試行錯誤を繰り返しながら、人としても成長していく・・・。

(C)2015映画「ボクは坊さん。」製作委員会.

(C)2015映画「ボクは坊さん。」製作委員会.

原作は、栄福寺の住職・白川密成氏が実体験を生き生きとつづった話題の書籍「ボクは坊さん。」

糸井重里氏が主宰するWEBサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」で約7年間にわたり連載されていた人気エッセイが、書籍化を経て、満を持しての映画化となる。

 

仏教の修行や仏門の知識ばかりを詰め込んでいる時には、お坊さんになるのを躊躇っていた主人公が、幼なじみの結婚や出産をきっかけとして、次第に寺の住職として目覚め始める。命に向き合い、自分から生まれ出た愛を自ら受け入れた時、お寺を中心としたコミュニティや檀家との関わりに変化が見えてくる……。

四国八十八ヶ所巡りのお遍路さんや高野山と、歴史が古い土地に根付いている仏教。檀家との関わりや住職としての価値は、未知の坊さんワールドでありながら、彼らの時の流れは、ゆるゆるとしていて心がほっこりとする優しい映画。

 

【監督】真壁幸紀 【原作】白川密成

【出演】伊藤淳史/山本美月/ 溝端淳平 /渡辺大知/遠藤雄弥/ 駒木根隆介/斉藤歩/有薗芳記/松金よね子/濱田岳/ 松田美由紀/イッセー尾形

(C)2015映画「ボクは坊さん。」製作委員会

————————————————–

Boku wa Bosan

After the death of his grandfather, Koen Shirakawa (Atsushi Ito) quits his job at a bookstore and goes to a temple to become a monk.

おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。