北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

フランス全土が笑顔満開!『エール!』鑑賞後の感想

Pocket
LINEで送る

「パリで歌手になりたい」ポーラの夢が“聴こえない”家族は大反対!少女の夢と家族への愛を乗せた歌声が起こした、最高の奇跡とは?

フランス全土が笑顔満開!!4週連続No.1、12週連続TOP10入りの驚異的大ヒットを記録!!フランスからまた一つ、笑って、泣ける、最高に愛おしい映画がやってくる――。

フランス映画祭2015観客賞(最高賞)受賞!! 『エール!』 10月31日、ユナイテッド・シネマ札幌、シアターキノ、シネプレックス旭川ほか 全国ロードショー!

——————————————————————–
フランスの田舎町。酪農を営むベリエ家は、高校生のポーラ以外、父も母も弟も全員耳が聴こえない。

美しく陽気な母、熱血漢な父とおませな弟。一家の合い言葉は、“家族はひとつ”。オープンで明るく、仲のいい家族だ。

ある日、ポーラの歌声を聴いた音楽教師はその才能を見出し、パリの音楽学校のオーディションを受けることを勧める。夢に胸をふくらませるポーラだったが、彼女の歌声を聴くことができない家族は、彼女の才能を信じることもできず、もちろん大反対。夢に向って羽ばたいてみたい、だけど私がいなくなったら…と、ポーラは悩んだ末に、夢を諦める決意をするのだが・・・

エール main(WEB)

フランス全土を笑いと爽やかな感動の渦に巻き込み、驚異の大ヒットを記録した『エール!』 主演のポーラに抜擢されたのは、フランスで人気の歌オーディション番組で“奇跡の歌声”と賞賛され、歌手としても活躍する新星ルアンヌ・エメラ。その瑞々しさ溢れる等身大の演技と、圧倒的な歌唱力で観客を魅了し、本年度セザール賞、リュミエール賞の新人賞をW受賞という快挙を成し遂げた。

仲良しな家族のやりとりに笑みがこぼれ、ポーラ、そして父、母、弟それぞれの互いを想う家族愛に大粒の涙が溢れる感動傑作。誰もが愛さずにはいられない、最高に愛おしい映画がついに日本にやってくる―!

パリから離れた田舎町のラセ・レ・シャトー村。

高校生でありながら家業の酪農と市場でのチーズ売り、そして家族のために手話通訳までこなす、16歳の主人公のポーラ。ろうあ者一家の中で育ち、ポーラだけが健常者。仲の良い家族をサポートし、人一倍多忙な毎日を過ごしていた。ポーラの歌の才能を教師に見出され、コーラスの魅力に気付くが、歌を理解できない両親へその思いは伝わらない……

美しいフランスの片田舎。ベリエ一家が住む家が素敵。そしてフランスワインに合う美味しそうなチーズ。

障害があっても明るく前向きな、ポーラの両親と弟が巻き起こす、コミカルなハプニングを織り交ぜて、ストーリーは展開していく。

歌も恋も、家族のケアも頑張るポーラを演じるのは、ルアンヌ・エメラ。『The Voice』という、歌のオーデション番組でその才能を開花させ、『声』によってこの映画に抜擢されたシンデレラカールだ。16歳の女の子が声と才能を発見し、それを通じて親からの『自立』をも成し遂げる感動の物語。

素晴らしいポーラの歌のシーンは、涙なしでは観れない……

エール!』 10月31日、ユナイテッド・シネマ札幌、シアターキノ、シネプレックス旭川ほか 全国ロードショー!

———————————————-

監督:エリック・ラルティゴ(『プレイヤー』)

出演:ルアンヌ・エメラ(新人)、カリン・ヴィアール(『しあわせの雨傘』)フランソワ・ダミアン(『タンゴ・リブレ 君を想う』)、エリック・エルモスニーノ(『ゲンスブールと女たち』)
配給・提供:クロックワークス、アルバトロス・フィルム

原題:La famille Belier

La Famille Belier (C)2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinema-Quarante 12 Films-VendOme Production-Nexus Factory-Umedia

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。