北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

『トランスポーター イグニション』3,000万人の日本人が熱狂する、あの天才運び屋が始動(イグニション)する!

Pocket
LINEで送る

3,000万人の日本人が熱狂する、あの天才運び屋が始動(イグニション)する!

『トランスポーター イグニション』  10月24日(土) 札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌ほか全道ロードショー!

【プロの運び屋(トランスポーター)3つのルール】
1.名前は聞かない
2.契約厳守
3.依頼品は開けない
そのルールをひとつでも破れば、死。

ワケありの依頼品を運び届けるプロの運び屋=トランスポーター、フランク・マーティン。
ブラックスーツに身を包み、寡黙さの裏に燃えたぎる闘志を秘め、愛車のアウディS8を自在に操る天才的なドライビングテクニックといかなる敵をも華麗になぎ倒す類稀なる格闘センスを兼ね備えた男である。彼は、自らに過酷なルールを課しながらも、迫り来る絶体絶命の危機を乗り越え、依頼を遂行する。洗練されたスタイリッシュさと強烈な存在感により、新たなヒーローとなったフランクは、2003年の第1作目公開より2009年の第3作まで、観る者を虜にし続けた。そして、6年の滑走期間を経て、その天才運び屋が、始動する!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<STORY>
妖艶な魅力を漂わせる美女アンナからの依頼。時間通りに到着したフランクの愛車に乗り込んだ3人の美女。フランクに突き付けられたのは、銃口と囚われた父親の映像。人質となった父親の身体を猛毒が蝕み、命の期限は12時間に迫っていた。プロの運び屋のルールに反する強制された依頼に憤慨するフランクだったが、アンナたちに凶悪組織の魔の手が迫っていることを知る。命を狙うのは、フランクの特殊部隊時代のライバル、“狂人”カラソフが率いる欧州全土を股に掛ける巨大犯罪カルテル。自らのルール、守るべき使命、そして、父の命の間で揺れ動く天才運び屋は愛車アウディと共に走り出した!しかし、この依頼には、最悪の罠が待ち受けていた…。

主人公の運び屋フランクは、ワケあり美女アンナの依頼を受けるが、フランクの父が人質となってしまう。父を助けるため奔走するフランクが、アンナと仲間たちの事情を知り彼女たちを助けるハメに……。

予想通りの派手なカーアクションと、前シリーズのジェイソン・ステイサムに負けない、主役のエド・スクレインの見事な格闘アクション。イケメンの父親と息子で、美女たちにモテモテ!お互いの絆を深めながらも、巨大犯罪カルテルに立ち向かっていく!

トランスポーター イグニションは10月24日 札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌ほか全道ロードショー!

——————————————————————

監督:カミーユ・ドゥラマーレ『フルスロットル』
製作:リュック・ベッソン『LUCY/ルーシー』
脚本:リュック・ベッソン、アダム・クーパー、ビル・コラージュ『エクソダス 神と王』
出演:エド・スクレイン『ゲーム・オブ・スローンズ』、レイ・スティーブンソン『マイティ・ソー ダークワールド』、ロアン・シャバノル
配給:アスミック・エース
(c) 2015 EUROPACORP – TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo

 

THE TRANSPORTER REFUELED

The producers of Lucy and the Taken trilogy bring you the next adrenaline-fueled installment of The Transporter series, THE TRANSPORTER REFUELED, starring newcomer Ed Skrein as Frank Martin, the most highly-skilled transporter money can buy. The stakes are greater and technology better, but the same three simple rules apply: never change the deal, no names and never open the package.  24 October 2015 (Japan)

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。