北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

コンビニバイトが覚醒してCIAに!?「エージェント・ウルトラ」鑑賞後の感想・あらすじ ・予告動画

Pocket
LINEで送る

エージェント・ウルトラ完成ロゴ

ダメ男が覚醒!?CIAのNo.1エージェントだった!ジェシー・アイゼンバーグ x クリステン・スチュワート共演おバカでキュートなラブ&アクションムービー!

BL5U8500.CR2

覚醒した最強のダメ男が、世界を救う!・・・かと思いきや、映画史上最悪でサイコーのプロポーズ!
謎の暗号をきっかけに、片田舎のコンビニバイトの秘められた能力が覚醒する。彼はCIAの極秘マインドコントロール・トレーニングを受けた最強エージェントだった!
典型的なダメ男から、スーパー・エージェントへ変身をとげる田舎のコンビ二バイト・マイクを演じるのは『ソーシャル・ネットワーク』『グランド・イリュージョン』のジェシー・アイゼンバーグ。優しくダメ男をサポートするガールフレンド・フィービー役は、『トワイライト』シリーズ、『スノー・ホワイト』のクリステン・スチュワート。最高にキュートでブッ飛んだカップルを演じている。オリジナル脚本を手がけたのは、『クロニクル』で世界中の映画ファンを驚かせたマックス・ランディス。CIAが実際に行っていたとされる極秘マインドコントロール・プログラムを題材に、ダメ男のプロポーズ計画を織り交ぜた最高にキュートなラブ&アクションムービーが誕生した!

IH7A9281.CR2

<STORY>
マイク・ハウエル(ジェシー・アイゼンバーグ)はバイト中にレジでスーパーヒーローのサルを主人公にした自作漫画を描きながら、のらりくらりと過ごすダメ男。一念発起で最高のプロポーズを演出しようと同棲中のガールフレンドのフィービー(クリステン・スチュワート)とのハワイ旅行を計画する。しかし直前にパニック発作を起こし、飛行機に乗ることさえできない。フィービーは、そんなマイクを責めることなく優しく見守っていた。

IH7A9142.CR2

ある日マイクは店番中に謎の暗号を告げられる。気が付くとスプーン1本で2人の暴漢を刺殺していた。マイクはCIAの極秘計画でトレーニングされた最強エージェントだったのだ!覚醒したマイクは、極秘計画の封印を目論むCIA幹部に命を狙われる。州を封鎖され、殺人マシーン化したエージェントたちが次々と襲いかかる―。
ハッパ中毒のダメ男から、最強エージェントとして覚醒したマイク。人質に取られたフィービーを救い、見事プロポーズをキメる事が出来るのか?

★MKウルトラ計画とは?
CIAが30年にわたってスーパー・エージェントを作ろうと秘密裏に実行してきたプログラム。<MKウルトラ>と呼ばれるこの秘密プログラムは1950年代に始まり、普通の市民をスーパーヒーロー並みのスパイに改造しようとした。「拷問」とも言われるが、向精神薬を使って精神の調整力を高め、脳のプログラムを完全に書き換え、対象者を可能な限り有効で危険なエージェントにしようとした。

BL5U8076.CR2

スプーンで一撃!フライパンで銃弾反射!の「エージェント・ウルトラ」

CIAの洗脳計画、MKウルトラ計画を題材にした映画は幾つかあるが、有名な作品では「ボーン・アイデンティティ」がある。

1950年代初頭から60年代後半、当初は洗脳やスパイ用自白薬の開発を目的とし、やがてLSDや向精神薬の投与など、科学的・生物的な手段によって、被験者の一般市民を殺人マシーンへと仕立てる実験へと発展。朝鮮戦争や冷戦を背景に進められたプロジェクトは、あまりにも結果が予測不可能だということで中止、隠蔽された。

主人公のダメ男、マイクはニヤニヤしながら漫画を書き、マリファナ大好きのコンビニバイト男。しかしこの男がCIAのエージェント(本人は自覚が無い)で、ある暗号と共に覚醒し敵のCIA要員たちと戦うことになる。アクション映画とは程遠いポジションにいると思っていた、ジェシー・アイゼンバーグの格闘アクションは、なかなかのレベルだ。

ガールフレンドのフィービー役、クリステン・スチュワートは『トワイライト』シリーズのベラ・スワン役で一世風靡した女優だが、ダメ男に尽くす一見幸薄い女性でありながら、最強の彼女役がピッタリとマッチしている。

コメディとアクションが程よくミックスした「エージェント・ウルトラ」は、面白い×ぶっ飛びアクション×最強のカップルムービーである!

エージェント・ウルトラ」1月23日札幌シネマフロンティアで公開!

 

監督:ニマ・ヌリザデ 脚本:マックス・ランディス
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート
ビル・プルマン、トファー・グレイス、ウォルトン・ゴギンズ、コニ―・ブリットン
原題:American Ultra

Photo Credit: Alan Markfield/(C) 2015 American Ultra, LLC. All Rights Reserved.

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。