北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

「あやしい彼女」 鑑賞後の感想・あらすじ ・予告動画 多部未華子 倍賞美津子 要潤 出演

Pocket
LINEで送る

2段ロゴ

見た目は20歳(ハタチ)、その中身は73歳。異色のヒロインが巻き起こす人生リセット劇!!

メイン

世界でリメイクされている最強コメディ!

可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子(多部未華子)。その容姿とは裏腹に、口を開けば超毒舌、相手かまわず罵声を浴びせ、時には熱く説教をする。そんな“超絶あやしい20歳”の正体は、73歳のおばあちゃんだった!

サブ1

戦中生まれの下町育ち、早くに夫を無くし、女手一つで娘を育ててきた。望むような人生を生きられなかった主人公に訪れた二度目の青春!突然若返った彼女は、こうなったらとことん好きなように生きてやる!と髪型も服装もチェンジ。初めて思い通りの人生を歩む節子___そんな彼女が気づく大切なものとは?

サブ4

多部未華子さんが演じるハタチの大鳥節子役はお見事!動きひとつ、話し方ひとつ、倍賞さんの役をまるで生き写し。外見が多部さんで、中身がおばちゃん、シャキシャキと後腐れなくはっきり言う。見た目と言動のギャップに笑いと涙があふれてくるハートフルな映画。

サブ3

ストーリーが進むにつれ、どんどん引き込まれるスルメムービー!

今の自分と昔の自分、あの時こうしておけばよかったと思っている方、今の自分があるのは昔の自分があるから。見るときっと今の自分が好きになる。そして背中をポンと押してくれる。

サブ2

多部さんが歌う60年代の名曲たちは、観る人すべての心を震わせます。

老いも若きも、一度は考えたことがあるに違いない「もしもあの時、違う道を選んでいたら…」という究極のif(もしも)ストーリー。

あやしい彼女

2016年4月1日(金)エイプリルフール 札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 他道内劇場にて公開

(C)2016「あやカノ」製作委員会 (C)2014CJ E&M CORPORATION

キャスト

多部未華子 倍賞美津子
要潤 北村匠海 金井克子 志賀廣太郎
三鴨絵里子 越野アンナ 久保佑太 Kilt 田村健太郎 温水洋一 小林聡美

監督:水田伸生
原作映画:「Miss Granny」(CJ E&M CORPORATION) 脚本:吉澤智子 音楽:三宅一徳 劇中歌監修:小林武史
主題歌:「帰り道」越野アンナ(Sony Music Records)

Writer Profile

kieko
kieko
「E.T.」を観て、自転車は爆走すると空を飛ぶと信じ、「グーニーズ」を観て、海には大冒険が待っていると信じていました。そんな私が今注目しているのはインド映画界ボリウッド。踊って歌って笑ってる・・・だけじゃない魅力もあるんです♪
おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。