北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

『ボーダーライン』 鑑賞後の感想・あらすじ ・予告動画 エミリー・ブラント、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン 出演

Pocket
LINEで送る

プリント

『ゼロ・ダーク・サーティ』『アメリカン・スナイパー』に続くサスペンスアクションの最高傑作!

「ボーダーライン」4月9日(土曜日) 札幌シネマフロンティアにて公開

ボーダーライン_メイン

国境麻薬戦争の「今」を極限の臨場感で捉えたサスペンスアクション!

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殱滅(せんめつ)すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)。特別捜査官マット(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織ソノラカルテルを撲滅させるミッションに就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界がわからなくなってゆく。麻薬カルテルを捕らえるためにどこまで踏み込めばいいのか?法なき世界で悪を征する合法的な手段はあるのだろうか?得体の知れない悪を前に、知れば知るほど深くなる闇の行く末とは――。

©2015 Lions Gate Entertainment Inc.All Rights Reserved.

S_D030_08025.NEF

その善悪に境界(ボーダー)はあるのか――

正しいことをするために行動しているはずが、気が付くと自分の意志とは反した決断を下さなければいけなくなる。

「郷に入っては郷に従え」「虎穴に入らずんば虎子を得ず」この作品を観たとき、この諺を思い出した。

SICARIO Day 19

普段目にするニュース報道では知ることのできない麻薬戦争の最前線に迫り、善と悪との境界すらも曖昧な世界のショッキングな現実を、一切の妥協を許さず描ききったクライム・アクション!

S_D045_11529.NEF

  • 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
  • 脚本:テイラー・シェリダン
  • 撮影監督:ロジャー・ディーキンス
  • 出演:エミリー・ブラント、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン

S_D037_09788.NEF

2016年4月9日(土)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー

©2015 Lions Gate Entertainment Inc.All Rights Reserved.

Writer Profile

kieko
kieko
「E.T.」を観て、自転車は爆走すると空を飛ぶと信じ、「グーニーズ」を観て、海には大冒険が待っていると信じていました。そんな私が今注目しているのはインド映画界ボリウッド。踊って歌って笑ってる・・・だけじゃない魅力もあるんです♪