北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

『追憶の森』鑑賞後の感想・あらすじ 予告動画あり。 渡辺謙主演

Pocket
LINEで送る

プリント

衝撃、そして胸に沁みる感動の結末。泣ける、ミステリー。

THE SEA OF TREES

磁石が狂い、携帯電話も通じない。樹海という魔の空間で、
運命的な出会いを果たすアーサー(マシュー・マコノヒー)とタクミ(渡辺 謙)

THE SEA OF TREES

妻への本当の想いに気づいたアーサーを絶望の淵に追いやり、樹海へと向かわせたものは何だったのか?突然、現れたタクミとは何者なのか?なぜ、彼らは出逢ったのか?

THE SEA OF TREES

いったい、この森にどんな秘密が隠されているのか? 出口を求めてさまよう2人のたどり着く先は?結末に待ち受けるのは、思わず息を呑むような驚きの真実、人生の終着点へ向かう旅が、希望の旅に変わる時、あなたは崇高な愛の物語に包まれる。

追憶の森―それは、生と死が繋がる森。

パズルのピースがすべてはまったあと、振り返ってもう一度最初から見たくなる――。そんな魅力を秘めた感動のミステリーの誕生だ。

THE SEA OF TREES

アーサーを演じるのはマシュー・マコノヒー。罪悪感と喪失感を抱えて樹海へ足を踏み入れたアーサーが救いの光を見出すまでの旅路を人間味たっぷりに演じきり、観る者の感涙を誘う。そんなアーサーと森の中で出会うタクミには、映画のみならずNYブロードウェイの舞台にも挑戦し、トニー賞主演男優賞ノミネートにも輝く渡辺謙。さらに、ドラマの謎解きの要ともいうべきアーサーの妻ジョーンを、『21グラム』と『インポッシブル』でオスカー候補になった演技派女優のナオミ・ワッツが演じる。

(c)2015 Grand Experiment, LLC.

THE SEA OF TREES

原題【The Sea of Trees】目にした時から心に残る題名。

引き込まれたら戻れない【樹の海】

日本で自ら命を絶つ人の数は、統計では3万人を超えるそうだ。遺書の無い死人や、変死者は含まれないという。その数を合わせると、どれ程の人数になるのだろう。

先進国トップの自殺率だ。

欧米圏ではキリスト教の教えにより、神から頂いた命を自ら絶つ事はいけない事…大きな罪となる。昔見た映画の中では葬式もあげてもらえず、残された家族も軽蔑される。

武士の切腹、三島由紀夫の割腹、沖縄戦線での集団自決、少し前はネットで募って練炭自殺、今では小学生の子供でさえ自らの死を決断する。

日本人は自ら命を絶つことに対しての、宗教や道徳の教えが希薄なのではと考えさせられる。

青木が原の樹海で撮影との事で、おどろおどろしいホラー映画かと思いきや、メインキャストの3人で構成された「生きる」をテーマにした大人のファンタジー映画である。

外国人から見た樹海という特殊な場所が、幻想的で荒々しくまた繊細に描かれている。ミステリアスな伏線で引き込まれ、圧倒的な演技力にのめりこんでしまう。

 暖かい気持ちになれる素敵な作品です。

THE SEA OF TREES

『追憶の森』ユナイテッド・シネマ札幌、ディノスシネマズ札幌劇場 他道内劇場で4月29日公開

(c)2015 Grand Experiment, LLC.

 

 

Writer Profile

まっき
多感な乙女の時期にヌーヴェルバーグ、イタリアチネッチタ、ブリティッシュニューウェーブと、西欧にどっぷりはまる。カルトB級大好物の歴史を経て、今に至る。現在は好き嫌い無しの、雑食系に推移しております。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。