北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

『マクベス』  鑑賞後の感想 マイケル・ファスベンダー主演

Pocket
LINEで送る

『マクベス』 5月13日(金) 札幌シネマフロンティア、ディノスシネマズ札幌劇場で公開(PG-12)

吉本興業初の洋画配給作品

没後400年、シェイクスピアが描いた、地獄に一番近い愛

<あらすじ>

ダンカン王への忠誠を誓うスコットランドの公爵マクベス(マイケル・ファスベンダー)。荒野で獅子奮迅の活躍を見せるマクベスの前に3人の魔女が現れ「やがて王になる」と予言を告げられる。それを聞いた妻・レディマクベス夫人(マリオン・コティヤール)は、愛する夫を王位に就かせるためにダンカン王暗殺の一案を投じる。妻の囁きに動揺しながらもマクベスは敬愛する王を殺害。野望を叶えて王妃となった夫人はご満悦だったが、マクベスはイングランドに逃亡した王子と親友バンクォー存在が心配の種であった。さらなる魔女の予言を求め続ける暴君マクベスの悲劇はここからだった…。

★マクベス_メイン_s

ウィリアム・シェイクスピアの没後400年、心震わす至高の映画体験を追求した衝撃作が誕生!

この2016年に没後400年を迎えたウィリアム・シェイクスピア。「ハムレット」「オセロー」「リア王」と並ぶシェイクスピア四大悲劇のひとつ「マクベス」は、黒澤明監督の時代劇『蜘蛛巣城』の基となり、手塚治虫や蜷川幸雄といった各界の巨匠たちも翻案作品を発表してきた。

その不朽の名作がアカデミー賞4部門に輝く『英国王のスピーチ』の製作チームの指揮のもと、新進気鋭のスタッフと豪華実力キャストのコラボレーションによって新たに映画化された。全編が荘厳なスペクタクルとエモーションに彩られ、まさに誰も観たことのない21世紀の『マクベス』の誕生である。

試写を観ての感想

〈野心に取り憑かれた男〉と〈野心を操る女〉の狂気の愛

マクベスの心を蝕んだのは、魔女の声よりも妻の声。幻よりも目の前の人間からささやかれる言葉は、人を動かす力がある。そして、自分の意志とは反した行動をとると、後悔と共にぬぐいきれない恐怖が襲いかかる。誰のために王になり、誰のために悪に手を染めているのか。無理やり自分の器以上のものを手に入れてしまうと、人はこんなにも弱くなってしまうものかと実感した。

薄暗い、はっきりとしない靄と霧のシーンが多く続くのは、マクベスの心の闇を映し出しているよう。実力派俳優の迫真の演技は、私たちすべての観客の心の中にもマクベスが存在していることを気づかせ、圧倒的なスリルと感動を呼び起こす!

『マクベス』 (PG-12) 5月13日(金) 札幌シネマフロンティア、ディノスシネマズ札幌劇場で公開

監督:ジャスティン・カーゼル

キャスト

マクベス:マイケル・ファスベンダー

レディ・マクベス:マリオン・コティヤール

マクダフ夫人:エリザベス・デビッキ

バンクォー:パディ・コンシダイン

マクダフ:ショーン・ハリス

配給 吉本興業

©STUDIOCANAL S.A / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015

Writer Profile

kieko
kieko
「E.T.」を観て、自転車は爆走すると空を飛ぶと信じ、「グーニーズ」を観て、海には大冒険が待っていると信じていました。そんな私が今注目しているのはインド映画界ボリウッド。踊って歌って笑ってる・・・だけじゃない魅力もあるんです♪
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。