北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

『君がくれたグッドライフ』鑑賞後の感想 

Pocket
LINEで送る

『君がくれたグッドライフ』 原題  Hin und Weg  / Tour de Force  5月21日から全国順次公開

ロゴ

main

あらすじ

「愛する人にできること」をみつめる、いのちと向き合う5日間の旅

年に1度、自転車で旅に出る6人の仲間たち。持ち回りで行き先を決めるのだが、今年はハンネス(フロリアン・ダーヴィド・フイッツ)とキキ(ユリア・コーシッシ)の夫婦の番だ。ベルギーと聞いた友人たちは、チョコレート以外に何があるのかとボヤく。だが、ハンネスの選択には、ある深い理由があった。

ALS(筋萎縮性側索効果症)と宣告された彼は、これを人生最後の旅にすると決めていたのだ。ベルギーでは、法律で尊厳死が認められている。真実を知った仲間たちは大きなショックを受けるが、彼の願いを叶えることを決意する。いつものように、旅行中に実行しなければならないムチャな課題を出し合い、クリアするたび笑いがは弾ける旅は、このままずっと続くように思えた……

poster_0128s

レビュー

ALS(筋萎縮性側索効果症)は、2014年にアイスバケツチャレンジで一般的に再認識された難病の一つ。進行は遅いが筋力低下と萎縮が3-5年で進行し、呼吸筋麻痺で死亡する難病。有効な治療法はいまだ確率されていない。仲間とともに尊厳死へと向かうハンネスの旅は、死期を自分で選択することは、善か悪か?生死の意味とは何か?を考えさせてくれる。他のALS映画『サヨナラの代わりに』は生へのこだわりとポジティブに生きる素晴らしさを見せてくれる映画だったが、『君がくれたグッドライフ』は、生へのこだわり方をまた違う側面で尊厳死を通じ見せてくれる。この映画を観て、死に方はどうあれ家族・仲間に看取られ死を迎えられれば幸せだという考えに個人的には今のところ落ち着いている。

評価 ★+7

公開劇場

ディノスシネマズ札幌劇場・ヒューマントラストシネマ有楽町・YEBISU GARDEN CINEMA・YEBISU GARDEN CINEMA・横浜ブルク13・長野アイシティシネマ、シネ・リーブル梅田、T・ジョイ京都、シネ・リーブル神戸ほか順次ロードショー!

■君がくれたグッドライフ 公式サイト

http://goodlife-movie.com/

Hin und Weg  / Tour de Force

Belgium, of all places. What’s Belgium got besides chocolates and fries? No matter, this year it was Hannes’ and Kiki’s turn to choose the destination of their annual bike tour with their closest friends. They all look forward to the adventure, after all they know that what counts the most is the time they spend together. It’s only after the tour has begun that Hannes tells his friends that he’s suffering from an incurable disease. The trip is to be his last. At first, the group is shocked and helpless, but after they hit the road again, they embark on a wild and one-of-a-kind adventure. Through Hannes, they realize how precious life is. Equipped with a list of things that still remain to do, and aware that nothing will be the same after this trip, they celebrate life as they never did before.

2014年/ドイツ/95分/シネスコ/5.1ch/カラー/原題『Tour de Force』/日本語字幕:吉川美奈子/PG-12/配給:ショウゲート
(c)2014 Majestic Filmproduktion GmbH / ZDF

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。