北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

『クリーピー 偽りの隣人』鑑賞後の感想 西島秀俊 香川照之 竹内結子 出演 

Pocket
LINEで送る

無題

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。

未解決の一家失踪事件× 奇妙な隣人家族-犯罪心理学者が迷い込んだ2つの≪謎≫

メイン

あらすじ

犯罪心理学者の高倉は、刑事・野上から6年前に起きた一家失踪事件の分析を頼まれる。しかし事件唯一の生き残りである長女・早紀の記憶をたどるも、核心にはたどりつけずにいた。一方、高倉が愛する妻・康子と共に最近引っ越した新居の隣人は、どこか奇妙な家族だった。病弱な妻と中学生の娘・澪をもつ主人・西野との何気ない会話に翻弄され、困惑する高倉夫妻。そしてある日、澪が告げた言葉に、高倉は驚愕する。
「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」
未解決の一家失踪事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりに高倉が気付いた時、康子の身に【深い闇】が迫っていた…。

(C)2016「クリーピー」製作委員会

サブ3

第15回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞し、作家・綾辻行人も「展開の予想できない実に気味の悪い(クリーピーな)物語」と絶賛した前川裕の原作小説を、カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞受賞の名匠・黒沢清監督が豪華キャストで映画化!ある夫婦が“奇妙な隣人”への疑惑と不安から、深い闇へと引きずり込まれていく圧倒的な恐怖を描く。近所付き合いが希薄になった現代、誰の身にも起こりえる、日常に忍び寄る悪意。本年度ベルリン国際映画祭や香港国際映画祭への正式出品が決定し、早くも世界から注目を集める衝撃のサスペンス・スリラーが、遂に幕を開ける!

サブ1

試写会の感想

クリーピー【CREEPY】 ぞっと身の毛のよだつような、気味が悪いという意味。

西島秀俊&香川照之再び共演の話題作。
この映画本当に気持ち悪い。ホラー映画ではない!サスペンス・スリラーだけど、出演キャラクター全員がクリーピーに見えてくる。
映像全体がクリーピー、夏の湿度の高さとジメジメ感もクリーピー、康子の得意料理を作る音すらクリーピー。
私の予想を大きく覆すエッ?という展開にドキドキ冷や汗もので鑑賞し、得体の知れない奇妙な隣人家族と、未解決事件の真相が見えた時にはドカーンと殴られたような恐ろしい衝撃があり…
人間関係が希薄な中、ご近所にどなたが住んでいるのか把握すべきか、全くお付き合いしない方が良いのか?試写会後の夜は寝付きが悪かった。

ネタバレ禁止
ストーリーの詳細には触れられないけれど、まるで実話のような物語に日本映画の進化を感じ、海外向けとしても大ヒット間違いのない本当にクレイジーな作品である。

サブ2

出演:西島秀俊 竹内結子 川口春奈 東出昌大 香川照之 / 藤野涼子 戸田昌宏 馬場 徹 最所美咲 笹野高史
監督:黒沢清
原作:「クリーピー」前川 裕(光文社文庫刊)
製作:「クリーピー」製作委員会
(C)2016「クリーピー」製作委員会

公式サイト creepy-movie.com

道内公開劇場

『クリーピー 偽りの隣人』 6月18日公開
・札幌シネマフロンティア
・ユナイテッド・シネマ札幌
・イオンシネマ江別
・イオンシネマ釧路
・シネプレックス旭川
・ディノスシネマズ旭川
・ディノスシネマズ苫小牧

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。