北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

【サウスポー】 鑑賞後のレビュー ジェイク・ギレンホール主演

Pocket
LINEで送る

chirashi_remen_fix

前作『ナイトクローラー』で狂気に満ちたゲスでガリガリに痩せたパパラッチを演じ、6ヶ月後にマッチョなボクサーとなったジェイク・ギレンホールに、アカデミー作品賞『スポットライト』のレイチェル・マクアダムスや、フォレスト・ウィティカーが脇を固める。リアルを追求した迫力のボクシングシーンは見もの!

あらすじ

リング上で脚光を浴びるチャンピオン、ビリー・ホープ。短気な怒りをエネルギーに相手を倒すというスタイルに心配が耐えない妻と娘。その彼の短気さは無情にも妻の死へと繋がってしまう。最愛の妻を失くしたビリーは悲しみに暮れる毎日。ボクシングにも力が入らず全てを失ってしまう。愛する娘までも…。そんなビリーは、アマチュアボクサーたちのトレーナーを務めるティックのもと訪れる。彼に教えを請い、自らの「怒り」を封印し、過去の自分と向き合うことで闇のなかに光を見出して行く。

試写会の感想

誰でも後悔した経験はあるだろう。しかし自分の後先考えない短気さが故に、最愛の妻を亡くしてしまったら…きっと死にたいほど後悔し廃人のようになるだろう。

後悔した経験をもつ者には共感するストーリー。その後悔をバネに精神的に大きく変化していく主人公のビリー。

この作品にはたくさんの泣けるポイントが散りばめられている。かつての『ロッキー』シリーズとはまた一味違う、地に落ちた元チャンピオンが復活するまでの物語である。

前作の『ナイトクローラー』よりも体重を増やし、完璧なまでのボクサー体型に仕上げたジェイク・ギレンホールのキレのある試合のシーンと、観るものを圧倒させる深い演技力により感動を誘う。

ラストの試合シーン、見事なカメラワークは迫力の臨場感で、自分が今リングサイドで応援している気分になるだろう! 

原題 SOUTHPAW

Artwork(C) 2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.
■出演:ジェイク・ギレンホール、フォレスト・ウィテカー、ナオミ・ハリス、カーティス・“50Cent”・ジャクソン、ウーナ・ローレンス、レイチェル・マクアダムス、スカイラン・ブルックス、ボー・ナップ、ヴィクター・オルティス、リタ・オラ、ミゲル・ゴメス

■監督:アントワーン・フークア

公式サイト: http://southpaw-movie.jp/

『サウスポー』 6月3日 ディノスシネマズ札幌劇場/ディノスシネマズ旭川にて公開

JAKE GYLLENHAAL stars in SOUTHPAW. Photo: Scott Garfield © 2014 The Weinstein Company. All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。