北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

ダーク・プレイス シャーリーズ・セロン主演 試写会の感想 6/24公開 

Pocket
LINEで送る

ダーク プレイス 原題:Dark Places

logo_b

一家惨殺事件で生き残った少女  あの夜、彼女が見なかったものとは―

一瞬先も読めないサスペンスで、世界中を騒然とさせた『ゴーン・ガール』。その原作者、ギリアン・フリンによる、衝撃の小説が新たに映画化された。

あらすじ・ストーリー

28年前に起こった家族3人の殺害事件。犯人として逮捕されたのは、当時、中学生だった長男。逮捕の決め手になったのは、生き残った8歳の三女による目撃証言。家族をすべて失い、心の傷が癒えないまま成長した、その三女、リビーは、28年後、事件と再び向き合うことになる。あの夜、彼女は何を目にしたのかーー? 兄のベンは本当に家族を殺害したのかーー?

in_main1 (1)

試写会後の感想

家族3人を殺害された事件の真相を追う、主人公リビー(シャーリーズ・セロン)と、彼女を支援し事件の解決を探ろうとする殺人クラブ主宰者・ライル(ニコラス・ホルト)。

シューリーズ・セロンとニコラス・ホルトの共演は、「マッドマックス  怒りのデス・ロード」以来。

ギリアン・フリンの原作『瞑闇』は600ページの文庫本で、本作は歯切れの良いサスペンス・ミステリーだ。

物語は8歳の時、母とふたりの姉を中学生の兄・ベンに惨殺され、生き残った三女リビーの記憶を辿りながら、ライルは事件の真相に導いていこうとするが―。

リビーの現在の視点と、8歳当時の視点、悪魔崇拝で問題児の兄ベンと、当時のガールフレンド・ディオドラ(クロエ=グレース・モレッツ)若いふたりの恋愛と、リビーの母の事情など…複雑な現在と過去が絡まり、予想と謎解きは困難。

ラストはショッキングで冷や汗が出てきた。その衝撃たるや『ゴーン・ガール』を観た時と同様である。

ニコラス・ホルトは、6月10日公開の映画『アウトバーン』で主役を演じている。

アウトバーン』のカーアクションでテンションをMAXにしてから、シャーリーズ・セロン&ニコラス・ホルトの『ダーク・プレイス』で惨殺事件の真相を紐解いてみよう!

予告動画

 

公開日・劇場 6月24日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか、ディノスシネマズ札幌劇場にて公開

キャスト

  • 監督:ジル・パケ=ブランネール『サラの鍵』(10)
  • 原作:ギリアン・フリン著「冥闇」(小学館文庫)

キャスト

  • シャーリーズ・セロン『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)『スノーホワイト 氷の王国』(16)
  • ニコラス・ホルト『ウォーム・ボディーズ』(13)『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)『X-MEN: アポカリプス』(16)
  • クロエ・グレース・モレッツ『フィフス・ウェイブ』(16)『キック・アス』(10)『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(13)

作品データ

上映時間 113分 製作年 2015年 映倫区分 PG-12 製作国 イギリス・フランス・アメリカ合作 配給 ファントム・フィルム 公式サイト

©2014 DAMSELFISH HOLDINGS, LLC  ALL RIGHTS RESERVED.

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。