北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

 あの不朽の名作「ロッキー」を正統に受け継ぐ、新たな章『クリード /チャンプを継ぐ男』鑑賞後の感想 2016年6月22日4K ULTRA HD・発売 

Pocket
LINEで送る

クリード/チャンプを継ぐ男 原題: Creed

d3485d8113f48579a53c6b5f6c2b4b8d-250x147

あの不朽の名作「ロッキー」を正統に受け継ぐ、新たな章

友情、挑戦、諦めない心―夢を叶えたいと願う、すべての人に贈る傑作、ここに誕生! ロッキー、今は亡き永遠のライバルの息子とリングに立つ!  
シルベスター・スタローン、新鋭マイケル・B・ジョーダン出演で贈る、興奮と感動のストーリー

あらすじ

アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)の父親は世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだったアポロ・クリードだが、彼が生まれる前に死んでしまったため、父のことを何も知らない。アドニスは、父がタフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと死闘を繰り広げた伝説の戦いの地フィラデルフィアへ向かう。フィラデルフィアに着いたアドニスは、ロッキー(シルベスター・スタローン)を捜し出し、トレーナーになってくれと頼む。ロッキーは、ボクシングからは完全に手を引いたと断るが、かつてのライバルで、のちに親友となったアポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見出し、トレーナーを引き受ける。ロッキーを味方につけたアドニスは、タイトル戦への切符を手に入れるが……。

CRD_メイン

鑑賞後の感想

ロッキーを継ぐスピンオフ…すごい映画が完成したと正直思った。1976年の映画の『ロッキー』が大好きで、私は子供の頃からテレビ映画の再放送で何度もロッキーを観た。

妻の名『エイドリアン』をリングで叫ぶシーンは、ロッキーと共に泣いたし、『ロッキー4』でロッキーがアポロ・クリードのセコンドに付き、2人で練習に励むシーンを観て男同士の友情を羨ましいと思った。

ロッキーのライバルのアポロ・クリードの愛人の子、アドニス・クリードをボクサーとしてトレーニングし、世界王者を目指すストーリーの冒頭、アドニス少年が孤児で、クリード夫人と初対面するシーンから、容赦なく涙を誘う。

大学を出て、就職にも恵まれたアドニスは、安定を捨てボクサーの道を選ぶが、自己流ボクサーの自分に世界の壁は厚いことを知る。

父とロッキーの試合のシーンをYouTubeで何度も観て育ったアドニスは、会ったことのない父とロッキーに憧れ、ロッキーの弟子となり、本物のボクサーを目指して、厳しいトレーニングを積む。

そしてロッキーは、アドニスを自分の本当の息子のように愛し、ボクサーとして育てていく。(この設定は涙腺が相当ゆるむ)

全米では2015年11月29日に公開。全米映画評価サイトでは、10点満点中8.5以上の評価を獲得した。大作と話題の映画でも、7.5程度の評価が多い中で、9.0に近い高満足得点を得たのは、単にロッキーのスピンオフという理由だけではなく、アドニスが父のようなボクサーになっていく、ひたむきな姿を応援したいからだろう。

アドニス役のマイケル・B・ジョーダンは、映画『ファンタスティック・フォー』でヒューマン・トーチ役を演じた俳優だが、体型を比べると細マッチョから、ボクサー体型に変わっていくのが判る。

“ポスト”ウィル・スミスと言われるマイケル・B・ジョーダン演じるアドニスが、ロッキーを叔父と呼ぶシーンでは、思わずウルッ(涙)

本当はロッキーを父と慕いたいアドニス…そんなアドニスの恋愛も織り交ぜてストーリーは展開するが、次世代ロッキーらしく映画の挿入曲はすべてクールだ。

一番驚くのは、ボクシングの試合シーン。カメラ技術の向上で、観客がその場に居るような臨場感を得られ、試合でアドニスが殴られると、驚愕の声が出てしまう!

アドニスが偉大な父の名を背負い、愛人の子という負い目と向き合い、世界レベルのボクサーとしてどう変化していくのか―?

第73回ゴールデン・グローブ賞のノミネート発表にて、『クリード チャンプを継ぐ男』のシルベスター・スタローンが助演男優賞でノミネートされた。

「ロッキー」から約40年の時を超え、スターローンが賞レースに出る可能性は高く、更にアカデミー賞も期待の『クリード /チャンプを継ぐ男』は、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の公開で盛り上がる日本に、一石を投じる大ヒット映画となるだろう。

評価 ★+9

予告動画

キャスト:  シルベスター・スタローン

マイケル・B・ジョーダン(『フルートベール駅で』)

スタッフ

監督・脚本:ライアン・クーグラー(『フルートベール駅で』)

作品データ

上映時間 133分 製作年 2015年 製作国 アメリカ 映倫区分 G 配給 ワーナー・ブラザーズ映画 公開日 2015年12月23日 DVD ・Blu-ray・4K ULTRA HD・デジタルセル配信・レンタル 2016年4月20日4K DVD・ブルーレイ発売 /2016年4月20日DVD/ブルーレイ レンタル開始/2016年6月22日4K ULTRA HD・発売  公式サイト

(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。