北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

映画 ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS | 表舞台から路地へ広がる異邦人達の裏トーキョー!試写会の感想 松田翔太主演

Pocket
LINEで送る

ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS

DP_DYB_logo

 

あらすじ

生きるか?捕まるか?
ギリギリな密入国者たちの裏社会エンターテインメント!

東京在住の密入国者たちが自身を守るために作った秘密組織・裏都庁。『ディアスポリス-異邦警察-』は、そんな裏都庁の警察組織で働くただ一人のケーサツ、久保塚早紀の活躍を描く物語だ。
『20世紀少年』など大ヒット漫画の脚本やストーリー制作を数多く手がけてきたリチャード・ウー(長崎尚志)の人間味豊かな物語と、すぎむらしんいちのエッジの効いた画が相まって、週刊モーニングでの連載時(06~09年)より傑作とされてきた漫画がついに実写化。4月よりMBS/TBS系列で連続ドラマに、9月には映画となって駆け抜ける!
裏ケーサツ・久保塚には松田翔太。連載時から原作を愛読し、映像化の際には久保塚役を熱望していたという松田が、話し方のニュアンスやファッション、国境も人種もない自由で平等な精神性に至るまで丁寧に作り込み、鮮烈な印象を残す。
さらに、松田自身「二度とない企画」と気合い十分に語る、日本映画界の精鋭たちとの奇跡的なコラボレーションも実現! 映画・ドラマ両方を手がける熊切和嘉監督に加え、ドラマ演出陣に冨永昌敬、茂木克仁、真利子哲也らが集結し、それぞれの個性をスパークさせている。とりわけ、モスクワ国際映画祭でグランプリを受賞した『私の男』など文芸映画で高く評価される熊切監督はそのイメージを鮮やかに覆す本格アクションに挑戦。銃撃戦から肉弾戦までアツいバトルシーンを作り上げている。

見たことのない、でも今もどこかに確かにある“裏トーキョー”。アブない事件もセンスが炸裂する笑いも、キレッキレのバトルも胸を打つ人間ドラマも、この世界にあるすべてのものは裏ケーサツが守ってくれる!
笑って泣いてエキサイトするニュー・ヒーローの物語が、今ここに始まる!

ある日、裏都民のマリアが何者かに誘拐された。相棒の鈴木(浜野謙太)とともに捜査に乗り出した久保塚(松田翔太)は、監禁先を突き止めるが、ひと足遅くマリアは殺されてしまう。黒金組の若頭・伊佐久からマリアの殺害現場から逃げた若者たちは、アジア人犯罪組織「ダーティイエローボーイズ」の周(須賀健太)と林(NOZOMU)であるとの情報が久保塚にもたらされる。

 

 

1メイン01-70070-02-k2

 

ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS 予告編


サブ5_DSC2239

 

 

 

サブ3_DSC5423

 

試写会の感想

原作コミックの読者だった私はドラマ化・映画化をとても楽しみにしていました。違う監督が2話ずつ撮るコラボレーション的シリーズ構成やミュージシャン(中村達也・KONTA・OMSB)や個性的な女優(マリー・福島リラ・夏帆・芦那すみれ・安藤サクラ)、他分野の人物(康芳夫)が役者として出演し、多国籍な人物が登場するストーリーをさらにワクワクさせ、異世界・裏世界を的確に表現した作品として完成しているのがとてもうれしかった。主演の松田翔太は原作コミックのファンであり、連載当時読んでいて、もし映画化するなら主演したい作品とインタビューで語っていただけあり、原作の世界観をルールしながら自由にかっこよく演じていて本当に素晴らしい。私にとって大切なドラマ・映画となった。

映画『ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS』は、コミック3巻・4巻に収められている同名のストーリーをもとに作られており、映画は久保塚(松田翔太)が大けがのため、3日間の眠りから覚め、裏都庁ガールズがダンスするパーティーシーンから始まる。久保塚が負った怪我はドラマの最終話(冨永昌敬監督・脚本)(9話・10話)と原作『影の警察』での自白剤を飲まされながらも『鉄の結束』を守るため負った怪我で、ドラマと原作を見ている観客はニヤリとするシーンだ。

本作の監督は、『私の男』『海炭市叙景』など北海道が舞台の映画を撮る熊切和嘉監督(北海道帯広出身)。アクションシーンに定評がある熊切和嘉監督は、久保塚と相棒の鈴木(浜野謙太)が走り回り、ダーティーイエローボーイズに入ろうと金を求め殺人を続け、東京から大阪へ黒まで移動し続ける周(須賀健太)と林(NOZOMU)を追い続け・殴り合い・銃撃戦を繰り広げるシーンは見もの。
脚本の守屋文雄とドラマ版の1・2話、9・10話担当の富永昌敬監督や、『水の声を聞く』を手がけた山本政志監督カメオ出演も映画を観る楽しみを増やしてくれます。どこに出るかは見てのお楽しみ!

ロケ地の情報

監督陣と主要スタッフによるロケハンの結果、〝いかがわしさ〟や〝猥雑な感じ〟が裏警察署のセットを組む場所にふさわしいと、赤羽の4階建ての廃墟ビルがロケ地として選ばれた。約20年放置されていた物件のため、電気・ガス・水道は通っておらず、セットを組む以前にライフラインを確保するところからのスタートとなる。さらにタイトなスケジュールの中、効率的に撮影するべく、この廃墟ビルのすべてのフロアを使うことに。【1F 裏警察署】【2F ドラマ3話の風俗案内所・5話の空きビルの一室】【3F 10話の監禁場所】【4話 阿さんの店・映画版マリア達の共同アパート・風俗店の事務所】【屋上】と、8つのシチュエーションを用意し、撮影が行われた。『やりすぎると単なるおもちゃ屋敷になってしまうので、久保塚が生活し、裏都民たちが出入りしている場所だというリアリティは大事にしたいと思っていました。』と美術の須坂文昭氏。様々な国の文化が入り交じるその様子は〝見たことのない〟ものだが、決して現実離れした眺めではない、絶妙なリアリティが確かに息づいている。

DIRTY YELLOW BOYSの二人に最終目標地点である神戸の地下銀行のセットを組んだのは、熱海の老舗ホテルにすぐそばにある半地下空間。縦横無尽に張り巡るパイプが味を出し、寂れた階段や古びた線路などストーリーの要素を補うモチーフも十分。〝火器や大きな音もOK〟という条件は、DIRTY YELLOW BOYSを巡る銃撃戦、肉弾戦の撮影地として格好のものだった。また主演の松田翔太がクランクアップを迎えたのは2月2日。千葉県の木更津にある田んぼが舞台となった。

 

サブ1_DSC0965s

スタッフ

  • 監督:熊切和嘉『私の男』(14)『海炭市叙景』(10)
  • 脚本:熊切和嘉 守屋文雄
  • 撮影:橋本清明
  • 照明:藤井勇
  • 録音:吉田憲義
  • 美術:須坂文昭 禪州幸久 北岡康宏
  • スタイリスト:丸山晃
  • ヘアメイク:HAMA
  • 特殊メイク 造形:小此木謙一郎
  • ガン・エフェクト納富貴久男
  • 音楽:渡邊琢磨
  • 原作:『ディアスポリス‐異邦警察‐』 脚本 リチャード・ウー 漫画 すぎむらしんいち(講談社『モーニング』所蔵)
  • テーマソング/大西ユカリ『ユカリ☆EXPLOSION』、『大阪レイニイナイトⅡ』(TEICHIKU ENTERTAMENT,INC)

キャスト

公開日

9月3日 全国ロードショー

公開劇場

札幌シネマフロンティア・ディノスシネマズ旭川・ディノスシネマズ苫小牧、丸の内TOEI・渋谷TOEI・新宿バルト9他、全国劇場

作品データ

上映時間 106分 製作年 2016年  製作国 日本 配給 東映  ディアスポリスDARTY YELLOW BOYS/公式サイト

(c)リチャード・ウー,すぎむらしんいち・講談社/「ディアスポリス」製作委員会

おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。