北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

3D映画『アングリーバード』 10月1日(土)公開 試写会感想

Pocket
LINEで送る

全世界30億ダウンロード、あの大人気ゲームがついに3D映画化!

null

全世界で30億ダウンロードされた大人気ゲーム「アングリーバード」が初の映画化!

世界中で愛されたキャラクター たちがふわっふわになって3Dで生まれ変わる!  

????????????? ?????????

怒りんぼうのレッドとチャックとボムの3匹が、いじわるなピッグたちに盗まれた大切な“たまご”を取り返すために 大冒険を繰り広げる物語!

あのミニオンズでおなじみの『怪盗グルーの月泥棒』のプロデューサーが手掛け、ゲームか ら飛び出たキャラクターたちが、この秋、最高のドキドキと感動をお届けします!

????????????? ?????????

 主人公は怒りんぼうのレッド 、でも、「怒ってねーし!」

何千種類の鳥たちが平和に暮らす島・バードアイランドに立つキャラクターたちの姿が公 開。太いまゆ毛がトレードマークの怒りんぼうのレッド、おしゃべりでお調子者のチャック、体はデカいが小心者のボム の3匹がお披露目!予告編第1弾では、みんなと離れて暮らすレッドが海辺の家で爆睡していると、外からドンドンと鳴 る音がして外に出てみると、そこにはレッドの家の壁に向かってサッカーボールをけって遊ぶ赤ちゃんバードが。「怒っ てる~?」と聞かれたレッドは、太いまゆ毛をヒクヒクさせて、なんと赤ちゃんバードをサッカーボールのように海の向 こうまでけり飛ばしてしまう!「怒ってねーし!」(←いやいや、怒ってるでしょ、これ、ゼッタイ!)世界でいちばん 短気な鳥を怒らせたら、どうなっちゃうのぉぉぉぉぉ!?

 

????????????? ?????????

主人公レッドの日本語吹替え版声優を“日本一の怒りんぼう”坂上忍さんが務めることが決定!坂上さんがハ リウッド映画のアニメ作品で声優を務めるのは、今回が初めてとなる!映画配給会社が「怒りんぼうの鳥を演じられる のは、日本一の怒りんぼう=坂上忍さんしかいない!」と考えオファーしたところ快諾いただき、夢の怒りんぼう共演 が実現!

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

試写会の感想

怒りをコントロールできないレッドは、ドジで失敗が多く友達はいない上に、他鳥からは嫌われていて、島の外れにひとり寂しく住んでいる「アングリーバード」

私の嫌いなタイプが主人公とは、アニメなのに観るのは辛いなぁ~と冒頭では感じたが、レッドがアンガーマネージメント教室で知り合った仲間のチャックとボム、先生のマチルダ、強烈なキャラクター達と、奇妙な豚のレオナルドとの駆け引きには引きこまれていった。

マネージメント不可能な怒りをバネにして、彼がどのように島のヒーローとなっていくのか、面白くて楽しくて観る者の予想を覆す展開と、レッドのうざったい口調や無駄に太い眉も可愛らしく思えるから不思議。

坂上忍さんが声優の、日本語吹き替え版は必見!この秋ファミリーで是非どうぞ!

【アンガーマネジメントとは】

1970年代にアメリカで開発された、怒りの感情と上手に付き合う(マネジメントする)ための心理トレーニング。プログラムとして確立された。現在では世界中の教育機関や企業でも広く導入され、教育・職場環境の改善、学習・業務パフォーマンスの向上を目的に活用されている。
世界最大組織であるナショナルアンガーマネジメント協会(アメリカ)の日本支部として、2011年6月に一般社団法人日本アンガーマネジメント協会が設立され、研修・講義を通じ文部科学省も重要視する「アンガーマネジメント」を普及している。現在、日本全国の教育・医療機関、企業、著名アスリートが本プログラムを導入している。

 

3D映画『アングリーバード』  10月1日(土)公開

■原題:Angry Birds       ■監督:ファーガル・ライリー、クレイ・ケイティス   ■製作:ジョン・コーエン『怪盗グルーの月泥棒 3D』

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

©Copyright 2016 Sony Pictures Entertainment(Japan)Inc. All Rights Reserved.

道内公開劇場

  • 札幌シネマフロンティア
  • ユナイテッド・シネマ札幌
  • イオンシネマ江別
  • イオンシネマ小樽
  • ソラシネマちとせ
  • イオンシネマ旭川駅前
  • シネプレックス旭川
  • ディノスシネマズ旭川
  • ディノスシネマズ苫小牧
  • イオンシネマ北見
  • イオンシネマ釧路

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。