北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

『白い帽子の女』 アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット競演 9月24日公開

Pocket
LINEで送る

ブラッド・ピット×アンジェリーナ・ジョリー・ピット 10年ぶりの共演

南フランスの避暑地を訪れた、小説家とその妻。クラシカルなホテルを舞台に描かれるビターでエモーショナルなラブストーリー。

siroiboushi_logo

作品紹介

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

2014年夏、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー・ピットは、ふたりがハネムーンの地としても選んだ美しいマルタ島で、映画を撮りあげる。“愛の結晶”といえる本作はふたりが出会った『Mr. & Mrs. スミス』以来、10年ぶりの共演作となった。アカデミー賞(R)女優であり、国連の人道支援などで世界中から注目されているアンジェリーナが自ら、出演・監督・脚本・製作を務めた。ひとりの女性として抱える苛立ちや不安を赤裸々にさらけ出したオリジナルストーリー。また本作から「アンジェリーナ・ジョリー・ピット」の名前でクレジットしている。ブラッドはアンジェリーナの映画制作を公私共に全面的にサポート。もろく壊れてしまいそうな妻に翻弄されながらも、優しく受け入れる小説家の夫を熱演した。『イングロリアス・バスターズ』のメラニー・ロラン、『わたしはロランス』のメルヴィル・プポー、セザール賞の常連である『預言者』のニエル・アレストリュプ、『コックと泥棒、その妻と愛人』のリシャール・ボーランジェと豪華な個性派俳優たちが脇を固め、物語に深みを持たせている。

%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%91

ストーリー

1970年代、南フランスにアメリカ人の小説家ローランド(ブラッド・ピット)と、その妻ヴァネッサ(アンジェリーナ・ジョリー・ピット)はヴァカンスに訪れる。ローランドはカフェに入り浸り、妻はほとんどの時間をホテルの部屋で過ごしている。ふたりの人生にもたらされた思いがけない不幸に向き合うことができず、心が離れてしまっていた。ある日、ヴァネッサは部屋の壁にある小さな穴を好奇心から覗いてみる。ハネムーンで滞在している若いカップル(メラニー・ロラン、メルヴィル・プポー)の寝室が見えた。愛情から生まれる優しい言葉や親密なしぐさを、壁越しに観察するヴァネッサ。またローランドも愛を謳歌する若いカップルに魅了され、二組の夫婦の距離は自然と近づいていく。ふたりは彼らを介入させることで自分たちの夫婦関係を改善しようとするが、深い孤独を抱えるヴァネッサは混乱してしまう。「君は幸せになることを拒んでいる」ローランドは哀しみをのり越えて、また一緒に歩みたいとヴァネッサに寄り添うが。。。

%e3%82%b5%e3%83%963

試写会の感想

小説家のローランドと、うつ病気味のヴァネッサは、とあることが原因で、冷めてしまった夫婦の仲。ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー・ピットの実話のように思えてならないストーリー。

乳がんの危険性を案じて乳房の切除と乳房再建術を受けたアンジーが、見事に再建したバストを劇中で惜しみも無く披露しており、1970年代とは思えないモダンなファッションと、アンジーの長い付けまつ毛、目の周りの囲みメイクとその姿は美しい。

南仏の眩しい太陽と海、クラシカルなリゾート地のロケーションには魅せられたが、いかんせんスローでゆる過ぎる展開。

アンジェリーナ・ジョリー・ピット監督の製作の意図は、10年も時間を共有すると夫婦ってこんなもんよ!という感じなのだろうか?

%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%94

『白い帽子の女』

9月、シネスイッチ銀座、渋谷シネパレスほか全国順次ロードショー!

ディノスシネマズ札幌劇場で9月24日公開

公式webサイト: http://www.shiroiboushi.jp/
(c)2015 UNIVERSAL STUDIOS

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。