北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

「グッドモーニングショー」中井貴一 長澤まさみ 10月8日公開 試写会の感想

Pocket
LINEで送る

グッドモーニングショー_タイトルロゴ

【作品紹介】

放送作家、脚本家としてテレビを知り尽くした君塚良一監督(「踊る大捜査線」シリーズ)が最新作の映画の題材に選んだのは、朝の情報番組であるワイドショー。報道、スポーツ、芸能、さらにファッション、グルメや人気動画まで、視聴者が興味を持つものなら何でもネタにする。そんなワイドショーの顔であるキャスター澄田真吾が本作の主人公。本作は、この落ち目のキャスターが陥る災難だらけの一日を追った抱腹絶倒のストーリーです!!

WEB用_グッドモーニングショー_メイン(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)
主人公「グッドモーニングショー」メインキャスター・澄田真吾を演じるのは、シリアスからコメディまで演じ分ける実力派俳優・中井貴一。これまで数々の役柄を演じてきましたが、キャスター役は初挑戦!うだつの上がらない男を、得意とする三枚目キャラで演じます。また、サブキャスターの女子アナに長澤まさみ、新人アナウンサーに志田未来、澄田と同期のプロデューサーに時任三郎、澄田の妻に吉田羊、立てこもり事件の犯人に濱田岳、事件の解決にあたる警視庁特殊班リーダーに松重豊、さらには個性的な番組スタッフに池内博之、林遣都、梶原善、木南晴夏、大東駿介とバラエティに富んだ、ひとクセどころか、ふたクセ、みクセの豪華俳優陣が勢揃いしました!! このメンツで面白くないワケがない!
“テレビそのもの”と表現されるワイドショーを舞台に、世間のテレビ離れが叫ばれて久しい昨今、ますます熾烈化する視聴率競争、プロデューサーとディレクターとのいさかいや、情報番組と報道との確執、視聴者からの声といったテレビの裏側のエピソードを盛り込み、“生放送”という時間的な制約の中で番組作りに奮闘するテレビマンの姿を時に真剣に、時に滑稽に、時に愛情を持って描いていきます!!その語り口は緻密で巧みでありながらも大胆な展開を見せ、やがて大きな笑いと感動に包まれる。そんな笑撃必至のエンターテインメント映画で日本中が笑顔になるでしょう!がんばれ澄田!現場からは以上です。

WEB用_グッドモーニングショー_サブ02(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)

【ストーリー】

災難その1「女子アナから交際関係をバラすと迫られる!」
災難その2「プロデューサーから番組の打ち切りが告げられる!!」
災難その3「立てこもり事件に巻き込まれ、直接交渉するハメに!!?」

澄田真吾は、朝のワイドショー「グッドモーニングショー」のメインキャスター。かつて報道番組のエースキャスターだったが、ある災害現場からのリポートが世間から非難を浴びて番組を降板。以来、現場からのリポートが怖くてできなくなり、同期入社のプロデューサー石山聡に拾われて今に至っている。
ある日、いつものように深夜3時に起床した澄田は息子と妻の言い争いに巻き込まれる。面倒くさいことから逃げるようにテレビ局に向かう車内で今度は、サブキャスターの小川圭子から連絡があり、二人の交際を今日の生放送で発表しようと迫られる。彼女は澄田の日頃の優しい振る舞いを“私だけ”と勘違いしているのだ。

さらに石山Pからは番組の打ち切りが告げられ、踏んだり蹴ったりの事態に困惑していた。
そんな時、都内のカフェに爆弾と銃を持った男が人質を取って立てこもっているという速報が飛び込む。芸能ゴシップや政治家の汚職事件、行列スイーツ特集を押しのけ、立てこもり事件をトップのネタとして番組はスタートするが、その直後、警察からとんでもない知らせが入る。なんと、犯人の要求は「澄田を呼べ」というものだった!過去のトラウマもあり現場に出ることを拒否する澄田だったが、石山Pからの命令、番組視聴率のため、というよりも圭子の暴露を防ぐために思わずデマカセで現場に向かうことをカメラに向かって宣言してしまう!澄田は防爆スーツにカメラとマイクを仕込ませて、銃と爆弾を持った犯人の様子を生リポートすることに。しかも、タイムリミットは番組終了時刻。それまでに犯人を捕まえなければ爆弾のタイマーが作動してしまう・・・。
澄田が絶体絶命になるのと反比例して、武装した犯人にキャスターがマイクひとつで立ち向かうというありえない展開に、いつの間にかどのチャンネルも落ち目だったはずのキャスターを映していた!日本中が注目するニュースの渦中に立たされた澄田は、果たして人質を救うことが出来るのか!?前代未聞の生放送が今始まる!

WEB用_グッドモーニングショー_サブ04(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)

試写会の感想

最新の情報をいち早く伝えてくれる朝のワイドショー。 朝起きて、テレビをつけると旬の情報が入ってくる。 天気、占い、事件に芸能ネタ、地域密着の情報から美味しいお店の紹介など、どれをとっても気になる話題満載。 朝の番組スタッフが起きるころ、ちょっと遅いが私は眠りにつくことが多い。 映画を見ていて、早朝から頭も体もフル回転のスタッフに脱帽だ。

ものすごい団結力で朝の数時間を戦っているシーンは、迫力満点!チャンスと脱落は紙一重なんだなーと笑いながら実感できる。 テレビ番組の表も裏も見て楽しめる、爽快コメディー映画です! 出演者は演技に定評があるベテラン陣ばかり。芸能界をよく知っている彼らだからこそ、この作品に真実味が増している。 最近なんだか疲れたなーって方、観ると元気がもらえますよ! 夜型人間の私は、早起きして番組スタートの「おはようございます!」から見てみようと思いました。

【キャスト・スタッフ】

中井貴一
長澤まさみ 志田未来
池内博之 林 遣都 梶原 善 木南晴夏 大東駿介
濱田 岳 吉田 羊 松重 豊 時任三郎

脚本・監督:君塚良一
主題歌:KANA-BOON「Wake up」(Ki/oon Music)

2016年10月8日 全国東宝系にてロードショー

道内公開劇場

  • 札幌シネマフロンティア
  • ユナイテッド・シネマ札幌
  • シネプレックス旭川
  • イオンシネマ旭川駅前1
  • シネマ太陽函館
  • シネマ太陽帯広
  • イオンシネマ江別
  • イオンシネマ北見
  • イオンシネマ釧路
  • ディノスシネマズ苫小牧

■公式サイト
http://www.good-morning-show.com/

(C)2016 フジテレビジョン 東宝

Writer Profile

kieko
kieko
「E.T.」を観て、自転車は爆走すると空を飛ぶと信じ、「グーニーズ」を観て、海には大冒険が待っていると信じていました。そんな私が今注目しているのはインド映画界ボリウッド。踊って歌って笑ってる・・・だけじゃない魅力もあるんです♪
おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。