北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

【永い言い訳】本木雅弘主演 西川美和監督 10月14日公開

Pocket
LINEで送る

%e7%84%a1%e9%a1%8c

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。
その不思議な出会いから、
「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。

main

あらすじ

人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・

sub1

『おくりびと』以来7年ぶりに主人公・幸夫を演じるのは、『日本のいちばん長い日』で賞レースを席巻した本木雅弘。イメージを大きく覆す新境地に挑み、歪んだ自意識とコンプレックスに溺れるタレント小説家を人間味たっぷりのチャーミングな人物に見事に昇華させた。陽一にはミュージシャンの竹原ピストルを抜擢、幸夫の妻に深津絵里、さらに池松壮亮、黒木華、山田真歩など贅沢な共演陣が、緊張感と豊かさをスクリーンに焼き付ける。約1年の撮影期間を経て成長を遂げていく子役たちの予測不能な演技にも魅了される。原作・脚本・監督を手掛けたのは、『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』に続くオリジナル脚本を書き下ろし、本作の原作で直木賞候補となった西川美和。自ら集大成と語る通り、卓抜したストーリーテリングと強烈な心理描写が研ぎすまされ、かつてない優しさと希望にあふれた、「感動作」となった。観る者は、いつしか物語に深く入り込み、主人公たちとともに悩み、迷い、そしてたしかな幸福感に涙するだろう。

sub3

ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。
観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

sub4

試写会の感想

今まで結構長い間生きてきた、仕事、家族、友人、恋人、数知れずの言い訳をしてきた。自意識を保つ為に浅はかな言い訳を繰り返す。そして、自己嫌悪と後悔…

西川監督が描く大人の男達、 可哀想な位に、情けなさは情けないままに、切なさは切ないままに虚構の強さや優しさは無いから、 観ていて清々しささえ覚える。

自意識の強いタレント小説家の主人公・幸夫が、ナイフで削がれるように自我が崩壊していく様に魅了されるのは、駄目男好きの性か…

それぞれの言い訳を『新しい家族』で優しく昇華させる物語に緊張し引き込まれた。
人が人として正直に生きていくのが難しい時代、人を再生させられるのも人なんだと感じさせられる映画です。

 

出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里
原作・脚本・監督: 西川美和

2016年10月14日

北海道地区: ディノスシネマズ札幌劇場 、ユナイテッド・シネマ札幌 、ディノスシネマズ旭川にて公開

公式サイト: http://nagai-iiwake.com/

配給  アスミック・エース
(C) 2016 「永い言い訳」製作委員会 PG-12

Writer Profile

まっき
多感な乙女の時期にヌーヴェルバーグ、イタリアチネッチタ、ブリティッシュニューウェーブと、西欧にどっぷりはまる。カルトB級大好物の歴史を経て、今に至る。現在は好き嫌い無しの、雑食系に推移しております。
おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。