北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

「聲の形」(こえのかたち) 鑑賞後の感想

Pocket
LINEで送る

聲の形 (こえのかたち) 英題: A Silent Voice

logo0407

伝えたい“こえ”がある。聞きたい“こえ”がある。

 

メイン2

 

作品紹介

伝えたい“こえ”がある。聞きたい“こえ”がある。

「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位、第19回「手塚治虫文化賞」新生賞受賞!
まっすぐに「いま」と向き合う少年少女の姿を等身大に描き、全世代から共感と感動を呼んだ名作、大今良時の漫画「聲の形」。

このベストセラーコミックが、日本アカデミー賞 優秀賞を獲得した『映画 けいおん!』(11年)など、多くの作品を輩出し続けている京都アニメーションにより新たにアニメーション映画化!
監督はTVアニメ「けいおん!」で初監督を務め、『たまこラブストーリー』(14年)にて文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門新人賞を獲得した、京都アニメーションに所属する山田尚子。
声優には、多数の作品で活躍する人気声優の入野自由と早見沙織らが集結。そして、実力派女優・松岡茉優がアニメ初の少年役を務める。主題歌には本作に共感したaikoの新曲「恋をしたのは」が提供されます。
不器用で、もどかしくて、でも伝えたいことがあふれている少年少女たちのせつない青春に、この秋、スクリーンが温かな涙で包まれます。

メイン1

あらすじ ストーリー

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。
「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

182_22_00326

 

試写会の感想

小学生の時の行為を後悔したままの気持ちで止まっている高校生の将也に自分が重なる人は自分だけではないはず。当時の自分の言動を振り返り認め、前に進むことは必要とわかりつつ、行動に移せない人達の背中を押してくれる映画。
原作を丁寧に再現する京都アニメーションの素晴らしさが、さらにコアなファンならずとも観るものの共感を引き出す。小学生が相手の気持ちを思いやり行動することは難しく、無意識に傷つけてしまうことがある。
しかし成長し、それに気づいた時どうすれば良いか考え行動に移すことが大事と気づき、犯した過ちと葛藤しながら硝子の気持ちを理解していく姿に心を打たれる。

聲の形 (こえのかたち)   予告編


■クレジット
キャスト:石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織
西宮結絃:悠木碧/永束友宏:小野賢章/植野直花:金子有希
佐原みよこ:石川由依/川井みき役:潘めぐみ/真柴智:豊永利行
石田将也(小学生):松岡茉優

原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子 脚本:吉田玲子 キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄 色彩設計:石田奈央美 設定:秋竹斉一 撮影監督:高尾一也
音響監督:鶴岡陽太 音楽:牛尾憲輔 音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会

■公開日
2016年9月17日
■上映時間
129分
■配給
松竹
■製作国
日本
■映倫区分
G
■公式サイト
http://koenokatachi-movie.com
(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。