北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

あの事件から10年― 新たな6冊が、拡散する。【デスノート Light up the NEW world】10.29公開 試写会感想

Pocket
LINEで送る

jp-logobw-dn

あの事件から10年― 新たな6冊が、拡散する。

jp-mposter-dn

Introduction

一冊のノートで、世界を変えようとしたあの衝撃から10年―

再び狂い始めた世界で、光と闇を引き継ぐ者たちによるデスノート争奪戦が始まる!
このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。

犯罪のない社会を目指し、デスノートで世界を変えようとしたキラこと夜神月。暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵L。
天才VS天才の対決から10年経ったある日、世界中のネット回線がジャックされ、キラによるメッセージが発信された―。

jp-photomain-rev-dn

「デスノートを手に入れろ―」
死神により地上にもたらされた6冊のデスノート。
同時多発的に発生する大量の殺人事件。そんななか、三島が率いるデスノート対策本部に、Lの後継者・竜崎が加わり、無差別殺人の現場で一冊のデスノートを手に入れる。一方、その現場には、キラ信奉者・紫苑の姿が――。
今、それぞれの想いを胸に、3人の壮絶な頭脳戦が始まる──!
デスノート“オタク”の捜査官・三島に東出昌大、Lの後継者で世界的名探偵・竜崎に池松壮亮、キラ信奉者のサイバーテロリスト・紫苑に菅田将暉──今もっとも、演技力、カリスマ性、美しさの全てを備えた最強の豪華競演が実現。さらに前作に続き登場する弥海砂を戸田恵梨香、死神リュークを中村獅童が演じる。
監督は『GANTZ』『図書館戦争』『アイアムアヒーロー』の佐藤信介。 “すべての終わり”に一体何が書かれるのか!?6冊のデスノート×極限の争奪戦×3つの名前=究極のエンターテイメント!

jp-photosub4-dn

ストーリー

デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から10年。再び、死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っていた。

jp-photosub5-dn

夜神総一郎が立ち上げた<デスノート対策本部>は存続していた。すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島を筆頭に、対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。

ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして、“Lの正統な後継者” 竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には6冊のデスノートが存在する事が判明する。
6冊のデスノートを全て手にした者が地上を制する。キラ復活を望む者、それを阻止する者たちとの究極の争奪戦の幕が切って落とされた!

jp-photosub1-dn

試写会の感想

10年振りの続編は、前作を忠実に引き継いでいる。 元デスノート所有者・弥海砂役の戸田恵梨香は10年の時を経て成熟した女優として再び出演し、リューク役の中村獅童も続投!

キラやLの意思を引き継ぐキャストたちは10年前、観客として楽しんでいた初代デスノート世代である。一世風靡したあの社会現象的事件が再び現代に新たなキャストを交えて蘇る。

新生デスノートとして、前作と比べても引けを取らない、事件量の多さと逆転に継ぐ逆転。一体誰がキラなのか?予想がつかないサスペンスは観客を見事に欺く。

デスノートを持つと何が本当の正義かが判らなくなり、ノートに支配され所有者は狂気に翻弄される。所有者と犯人を追う者の、焦りや憤り辛さと哀しみが観客にも伝わってくる。

ネタバレ厳禁の本作は上映時間が135分と長め。

自分がデスノートの所有者だとしたら、正義の名の元の粛清は行うだろうか?本作の鑑賞後は、後髪を引かれるような気持ちになった。

前作を観ていない方は初代デスノートを、DVDやオンデマンドで観てから【デスノート Light up the NEW world】の劇場鑑賞をお薦めします。

jp-photosub2-dn

デスノート Light up the NEW world/ 英題 DEATH NOTE Light up the NEW world

10月29日(土)丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他 全国ロードショー

道内公開劇場

  • 札幌シネマフロンティア
  • ユナイテッド・シネマ札幌
  • イオンシネマ江別
  • ソラシネマちとせ
  • イオンシネマ旭川駅
  • シネプレックス旭川
  • ディノスシネマズ旭川
  • T・ジョイ稚内
  • シネマ太陽函館
  • ディノスシネマズ室蘭
  • イオンシネマ北見
  • イオンシネマ釧路
  • シネマ太陽帯広

公式サイト deathnote2016.com

出演: 東出昌大 池松壮亮 菅田将暉  戸田恵梨香 中村獅童

原作: 大場つぐみ・小畑健(集英社ジャンプコミックス刊)

監督 : 佐藤信介    脚本: 真野勝成

©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。