北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

『ミュージアム』 史上最悪の猟奇殺人鬼カエル男VS追い詰める刑事 11月12日公開 試写会の感想

Pocket
LINEで送る

jp-photomain-rev-msum

史上最悪の猟奇殺人鬼カエル男。 追い詰めるはずの刑事が、1秒1秒追い詰められていく。 

主演:小栗旬(「信長協奏曲」)×監督:大友啓史(「るろうに剣心」シリーズ)史上最強タッグが仕掛ける、衝撃のスリラーエンターテイメント!

興行収入45億円突破の大ヒット作『信長協奏曲』のほか、『ルパン三世』『クローズZERO』など主演作が軒並みヒットする人気と実力を兼ね備えた俳優・小栗旬と、『るろうに剣心』シリーズで累計興行収入125億円超えを叩き出したヒットメーカー・大友啓史監督。史上最強のタッグが仕掛ける、衝撃のノンストップ・スリラーエンターテイメント!
原作は、「ヤングマガジン」に発表された巴亮介によるサスペンスホラー漫画。連載開始と同時に、その緻密な画、独特な人間心理描写、一度掴んだら離さないスリリングなストーリーが問題作として注目され、実写映画化権の問い合わせが殺到。連載終了後も「ヤバすぎる!」とSNS上で拡散され、熱狂的なファンを増やし続けている中毒性とゲーム性を兼ね備えた超・問題作だ。

jp-photosub5-msum jp-photosub3-msum

ストーリー

追い詰められた刑事が、絶望の密室(ミュージアム)で見たものとは・・

雨の日だけに発生する猟奇殺人事件。死体を見せることにこだわる犯人・カエル男は、自分をアーティストと呼び、犯行現場には必ず謎のメモを残す。連続する事件の関連性に気付いた刑事・沢村(小栗旬)と部下の西野(野村周平)が、捜査を進めると、驚愕の次のターゲットが浮かび上がる。カエル男の罠にはまり、逆に追い詰められていく沢村。謎の“私刑”執行アーティスト・カエル男は一体誰なのか?その本当の目的とは? そして、沢村が絶望の密室(ミュージアム)で見たものとは…!? あなたは最悪のラストを期待する。

jp-photosub4-msum jp-photosub2-msum

試写会の感想

ストーリーは巧妙な手口で雨の日に殺人を繰り返すカエル男と、犯人を追い詰める刑事。そしてカエル男のターゲットとなる刑事の家族。スリラー・サスペンスの部類だが、私にはホラー映画のようで怖かった。こんな事件を模倣する殺人者がいたら恐ろしい…とホラー映画を観た後のような妙な妄想をした。最近のニュースではカエル男の犯行のような、数奇な殺人事件が増えているのは確かだ。現代社会の歪なのか、心の病んでいる人が増えている。

主人公の苦悩する刑事・沢村役には小栗旬。そして対する残虐なカエル男に扮するのは、妻夫木聡。映画のエンドロールでカエル男の配役を知り衝撃を受けた。配給元のワーナー映画では当初カエル男のキャスト名を伏せていたようだ。私がマスコミ試写会で観た二日後にはメディアでカエル男の正体を明かした。妻夫木聡は猟奇殺人鬼を体現するため2~3か月もの期間トレーニングで身体を鍛え上げた。

試写の数日後、WOWOWで『ミュージアム ‐序章‐』(監督・脚本 白石晃士)を鑑賞したが、TV版と映画のカエル男の殺人美学に違いを感じ、WOWOW版のアナザー・ストーリーを鑑賞してガッカリした。映画『ミュージアム』は頭にこびりついて離れないほど残酷で秀逸。もちろん私も最悪のラストを期待してしまった。

jp-photosub1-msum

ミュージアム MUSEUM    11月12日公開

キャスト:

  • 沢村久志 … 小栗旬
  • 沢村遥 … 尾野真千子
  • 西野純一 … 野村周平
  • 菅原剛 … 丸山智己
  • 秋山佳代 … 田畑智子
  • 橘幹絵 … 市川実日子
  • 岡部利夫 … 伊武雅刀
  • 沢村久志の父 … 大森南朋
  • 関端浩三 … 松重豊
  • カエル男 … 妻夫木聡

スタッフ:

  • 監督 :大友啓史
  • 原作「ミュージアム」(講談社「ヤングマガジン」刊) :巴亮介

■主題歌 ONE OK ROCK “Taking Off” (A-Sketch)

©巴亮介/講談社 ©2016映画「ミュージアム」製作委員会

公式WEBサイト: http://www.museum-movie.jp/

道内公開劇場

  • 札幌シネマフロンティア
  • ユナイテッド・シネマ札幌
  • イオンシネマ江別
  • イオンシネマ小樽
  • ソラシネマちとせ
  • イオンシネマ旭川駅前
  • シネプレックス旭川
  • ディノスシネマズ旭川
  • ディノスシネマズ苫小牧
  • シネマ太陽函館
  • イオンシネマ北見
  • イオンシネマ釧路
  • シネマ太陽帯広

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。