北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

『われらが背きし者』 10月21日から全国順次公開 試写会の感想

Pocket
LINEで送る

warerogo_final

『裏切りのサーカス』ジョン・ル・カレ原作×ユアン・マクレガー主演!

平凡な大学教授とその妻、組織を裏切ったロシア・マフィア、復讐に燃えるMI6 ロシア、モロッコ、イギリス、フランス、スイス――

世界を股に掛けた危険な亡命劇に巻き込まれていく、緊迫のスパイ・エンタテインメント!

in_main-1

ストーリー

モロッコでの休暇中、イギリス人の大学教授ペリーとその妻ゲイルは、偶然知り合ったロシア・マ フィアのディマから、組織のマネー・ローンダリング(資金洗浄)の情報が入ったUSBをMI6(イギリ ス秘密情報部)に渡して欲しいと懇願される。突然の依頼に戸惑う二人だったが、ディマと家族 の命が狙われていると知り、仕方なく引き受ける事に。しかし、その日を切っ掛けに、二人は世界 を股に掛けた危険な亡命劇に巻き込まれていく・・・。

試写会の感想

MI6が係わるスパイ映画と言えばどうしても007を連想してしまう。激しいアクションとホットなロマンス、しかしこの作品にはそんな派手さは無い。
原作に裏打ちされた緻密なストーリと、人間の心の揺れが観る者を惹き付ける。

ユアンマクレガーとナオミハリスが演じる夫ペリーと妻のゲイル、問題を抱え旅に出るが、そこには現代の夫婦のリアルな現実がある。
追い詰められるロシア・マフィアにも、夫であり父であるという現実がある。

平凡な大学教授であるペリーは善人なのだ、理不尽な事が許せない。そこをロシア・マフィアの大物ディマに見抜かれてしまう。
正直者は損をするかのごとく、次々と事件に巻き込まれていく。 スパイ映画としては勿論、人間ドラマとしても一級の作品。

11月5日(土)よりユナイテッド・シネマ札幌にて公開

原作:ジョン・ル・カレ「われらが背きし者」(岩波書店刊)/監督:スザンナ・ホワイト「パレーズ・エンド」/脚本:ホセイン・アミニ『ドライヴ』

出演:ユアン・マクレガー『ゴーストライター』、ステラン・スカルスガルド『ドラゴン・タトゥーの女』、

ダミアン・ルイス「HOMELAND/ホームランド」、ナオミ・ハリス『007 スペクター』

原題:Our Kind Of Traitor

©STUDIOCANAL S.A.2015/PG12   公式webサイト http://wareragasomukishimono-movie.jp

公式twitter⇒https://twitter.com/wareraga_movie 公式facebook⇒https://www.facebook.com/wareragamovie

Writer Profile

まっき
多感な乙女の時期にヌーヴェルバーグ、イタリアチネッチタ、ブリティッシュニューウェーブと、西欧にどっぷりはまる。カルトB級大好物の歴史を経て、今に至る。現在は好き嫌い無しの、雑食系に推移しております。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。