北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

「パネルクイズ アタック25」が物語を切なさから幸福感に変換!|バースデーカード|鑑賞後の感想 橋本愛 宮崎あおい

Pocket
LINEで送る

バースデーカード

s_bd_logo_ver3_ok_160825

s_yoshie%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e6%9c%80%e7%b5%82%e7%89%88

天国に旅立った母が20歳まで娘に送り続けた、愛の手紙。

幼い子供たちを残し、天国に旅立った母の約束。

それは、未来の娘たちに向けて毎年バースデーカードを贈ることでした。

娘が20歳(おとな)になる、その日までー。

解説

s_bc_poster3m

手紙を通し、様々な困難や新しい出会いに直面していく娘・紀子を演じるのは橋本愛。

紀子が10歳の時に若くして病死し、手紙を書き残す母・芳恵に宮ざきあおい。

そして、家族を大きな愛で包む紀子の父・宗一郎にユースケ・サンタマリア、紀子の弟・正男に須賀健太と、個性豊かな実力派俳優が集結し、この秋スクリーンで観る者の心を温かくし、爽やかに涙する映画が誕生しました。

あらすじ・ストーリー

s_%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%93-s

21世紀のキに、子どもと書いて紀子。いま、この時代に、確かに私という人間が存在した、という意味を込め、パパが付けてくれた名前です。

小学生時代のあだ名は「泣き虫のりこ」。引っ込み思案な性格で、クラス対抗のクイズ大会では、パパとママ、弟の正男と家族総出で協力してくれたのに、勇気が出せず一問も答えられませんでした。

落ち込む私をいつも励ましてくれるのがママでした。優しくて、明るくて、そんなママのことが大好きでした。

このままずっと隣にいて安心させてくれる、と当たり前のように思っていました。10歳の誕生日までは・・・。

ママは病気に勝てず天国に行ってしまったのです。ママと過ごす最後の年になってしまった10歳の誕生日。ある約束をしました。

それは20歳を迎えるまで私たち姉弟に毎年手紙を贈ること―。そして翌年、母がいない11歳の誕生日に、本当に手紙が届きました。

“11歳ののんちゃんへ これからのんちゃんが20歳になるまで、毎年手紙を贈るので楽しみにして下さい”12歳の手紙には美味しいお菓子のレシピが書いてあり、クラスの人気者になれました。

13歳は学校をさぼって映画鑑賞のススメ、14歳はなんとキスの手ほどき! 17歳の時には、初めてママの故郷・小豆島に行き、中学生時代のママを知ることに。行動力があって、私とは大違い。本当に同じ遺伝子が入っているのか心配になるくらい・・・。

19歳の手紙には驚きました。 “・・・実は昨日ママとパパは喧嘩をしました。

原因はママが手紙を破り捨てたからです”19歳の私がどんなことに悩み、どんなことで苦しんでいるのか? 何を書いてあげたらいいのかがわからない、といつも元気なママが苦しんでいたのです。

一言だけでもいいから書いて欲しいというパパの気持ちを汲み、素直な気持ちを綴った手紙でした。そんなママの思いを知り、涙がとめどなく溢れるのでした。

こうして、私に残された手紙はあと1通になりました。20歳を迎える最後の手紙。そこに綴られていたのは、初めて知るママの真実。

そして、世界一しあわせなサプライズが待ち受けていたのです!

バースデーカード 特報・予告編・TVスポット

バースデーカード 予告編

 

バースデーカード  特報

 

バースデーカード  TVスポット30秒

 

バースデーカード  TVスポット15秒

 

試写会・鑑賞後の感想

s_%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%97-s

泣かずにはいられない切ない内容だか、物語中盤の「パネルクイズアタック25」への挑戦エピソードが始まってからは、大笑いする。

しかしこのエピソードが映画を見終わった後には切なさが爽やかな幸福感に変換。

バースデーカードのような独特なストーリー展開を成り立たせる感動もの映画が増えてほしいなぁ。

子を持つ大人はもちろん10代-20代には見てもらいたい映画です。

スタッフ

s_%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%96-s

  • 監督:吉田康弘
  • 製作:遠藤茂行
  • 製作:沖中進
  • 製作:木下直哉
  • 製作:井上伸一郎
  • 製作:松田陽三
  • 製作:武内健
  • 製作:板東浩二
  • 製作:宮本直人
  • 製作:浅井賢二
  • 製作:樋泉実
  • 製作:笹栗哲朗
  • 製作:菊池笛人
  • エグゼクティブプロデューサー:奈良修
  • エグゼクティブプロデューサー:小助川典子
  • エグゼクティブプロデューサー:堀内大示
  • Co.エグゼクティブプロデューサー:柳迫成彦
  • Co.エグゼクティブプロデューサー:野下洋
  • Co.エグゼクティブプロデューサー:坂本健二
  • Co.エグゼクティブプロデューサー:菊池剛
  • 企画プロデュース:竹内健
  • プロデューサー:高橋伸明
  • プロデューサー:梅村陽子
  • プロデューサー:橋口一成
  • アソシエイトプロデューサー:津川英子
  • アソシエイトプロデューサー:山田駿平
  • ラインプロデューサー:新野安行
  • 脚本:吉田康弘
  • 音楽プロデューサー:篠崎恵子
  • 音楽:きだしゅんすけ
  • 撮影:木村信也
  • 照明:尾下栄治
  • 録音:渡辺丈彦
  • 美術:山下修侍
  • 編集:村上雅樹
  • 主題歌:「向日葵」木村カエラ(ELA / ビクターエンタテインメント)
  • 挿入歌:銀杏BOYZ
  • 衣装:星野和美
  • ヘアメイク:小出みさ
  • ヘアメイク:金慶姫
  • 視覚効果:豊直康
  • 助監督:北野隆
  • キャスティング:安生泰子
  • 制作担当:中島正志

キャスト

s_%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%95-s

公開日

s_%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%94-s

2016年10月22日(土曜日)

公開劇場

s_noriko%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e6%9c%80%e7%b5%82%e7%89%88

  • 丸の内TOEI・他全国劇場でロードショー

北海道内公開劇場

  • 札幌シネマフロンティア
  • ディノスシネマズ旭川

※2016年11月5日(土曜日)~7日(月曜日)は日本語字幕付上映です。

作品データ

s_bc_poster3m

    • 上映時間 123分
    • 製作年 2016年
    • 製作国 日本
    • 映倫区分 
    • 配給 東映
    • 公式サイト バースデーカード

(c)2016「バースデーカード」製作委員会

おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。