北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

R15指定アニメ『ソーセージ・パーティー』子供は観ちゃダメ!11月4日公開

Pocket
LINEで送る

saousage_party

主人公はソーセージ♡食材たちの反撃がはじまる~!!!

 *決して、お子さんとは見ないでください。 子供が見たら、うなされる!?

人間たちに選ばれ、買われることを夢見るスーパーマーケットの陳列棚の食材たち。「楽園」を待つ彼らが、人間たちに残酷に食べ られてしまうことを知った時――。食材たちの反撃をコミカルにそしてかなりエッチに描く本作は、2016 年夏にアメリカで公開され ると、あれよあれよと全世界興行収入 1 億ドル突破の大ヒットを記録!

その超「過激」で「下品」な内容が災いし、日本では未公開か?と映画ファンを不安にさせていたが、子供は観ちゃダメ=R15+指定♡を受け、堂々の劇場公開が決定した!(*R15+:15 歳以上の方がご覧いただけます。)

ギンギンにイケてる監督は人気アニメ「きかんしゃトーマス」を手がけたグレッグ・ティアナンと、『マダガスカル3』などで知ら れるコンラッド・ヴァーノン。子供の心をワシ掴みにできるハズの彼らが、セス・ローゲンの脚本を忠実に映像化。セス・ローゲンは『40 歳の童貞男』(05)で注目を集め、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(07)でコメディ俳優としてブレイク、『ディス・イズ・ジ・ エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』(13/日本未公開)では監督も手掛け、脚本家、プロデューサー、監督としてハリウ ッドで大活躍するマルチな才能&類まれなるコメディ・センスの持ち主。豪華声優陣にはそのセス・ローゲンを始め、クリステン・ウィグ、ジョナ・ヒル、ジェームズ・フランコ、エドワード・ノートン、サルマ・ハエックなどなど、ハリウッドの大作から下品なコメ ディまでなんでもこなす演技派の面々が大集合!音楽を担当するのは『美女と野獣』など数々のディズニー作品でアカデミー賞に輝く 天才作曲家アラン・メンケン。絶妙?微妙?奇妙?なアニメーションが、食欲の秋、必ずオトナの心をワシ掴みにする!

<ストーリー>

“ショップウェル”は郊外にあるスーパーマーケット。食材たちは選ばれ、買われることを夢見て毎日陳列されてい る。きっと外の世界は「楽園」に違いないと。ソーセージのフランクは、パンである恋人のブレンダと結ばれ(合体し)ホットドッ グになる運命♡だと信じている。そしてついに夢が叶う日が!二人揃ってお客様がカートにイン!しかしテンションMAXではしゃ ぐ二人を乗せたカートにアクシデントが発生し、スーパーマーケットに取り残されてしまう。夢に破れ絶望するフランクとブレンダ だが、実は命拾いしたことに気付く・・・なぜなら彼らは“食材”だからだ。「食われてタマるか!」運命に逆う彼らの闘いがはじま る!

©Copyright 2016 Sony PicturesEntertainment(Japan)Inc. All Rights Reserved.

鑑賞後の感想

健気に客に買われることを夢見て、その先には楽園があると信じる食材達が、人間たちからの殺人(食材だけど…)を知り驚愕する姿が実に可笑しかった。

彼らが真実を知ってからの怒涛のサバイバルや、思いもよらぬ方法でピンチを切り抜けるソーセージのフランク、パンのブレンダとその仲間たち。

いずれは賞味期限が来て、食材だから劣化してしまう等という現実はさておき、今を生きる彼らの魅力が満載!

ブレンダの艶めかしいパンの曲線を美しいと思ったら、貴方は食材の世界に魅了された証拠です。

下品なFワードや、子供は観ちゃダメな過激な下ネタと性描写(?)もあり、壮大過ぎるアドベンチャー。映画終了後はホットドッグが食べたくなります!

『ソーセージ・パーティー』11月4日公開

  • 監督:コンラッド・ヴァ―ノン(『マダガスカル 3』『シュレック 2』)、グレッグ・ティアナン(『劇場版きかんしゃトーマス』シリーズ)
  • 声:セス・ローゲン(『カンフーパンダ』シリーズ)、クリステン・ウィグ(『ゴーストバスターズ』)、 ジョナ・ヒル(『ウルフ・オブ・ウォールストリート』)、エドワード・ノートン(『バードマン』)、サルマ・ハエック(『長ぐつをはいたネコ』)

原題 Sausage Party

公式 HPSausage-Party.jp

11 月 4 日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 、ディノスシネマス札幌で公開

©Copyright 2016 Sony PicturesEntertainment(Japan)Inc. All Rights Reserved.

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。