北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

【破門 ふたりのヤクビョーガミ】2017年1月28日公開 試写会の感想

Pocket
LINEで送る

%e7%a0%b4%e9%96%80_%e3%83%ad%e3%82%b4
イケイケやくざと、ぐーたら貧乏の凸凹コンビが儲け話にダマされた!!

映画製作出資金を持ち逃げされた桑原と二宮は、失踪した映画プロデューサーを追って関西、マカオを奔走。何とか居場所を突き止めるも寸前で逃げられてしまう。キレた桑原によるハチャメチャな追走劇はまさかの大トラブルへ発展!追っている筈が何者かに追われるハメに! 進退窮まった二人は生き残りをかけた大勝負に出るが-。
黒川博行氏の大人気≪疫病神≫シリーズで直木賞を受賞した「破門」が待望の映画化。監督は『毎日かあさん』の小林聖太郎。すぐにキレるイケイケやくざの桑原を佐々木蔵之介が、口だけは達者なぐーたら貧乏の建設コンサルタントの二宮に 関ジャニ∞の横山 裕が配され、W主演で凸凹コンビを演じる2017年イチオシの話題作!大阪を舞台に怒涛のアクションと関西弁の掛け合い満載で贈る大追跡エンタテインメント!

%e3%80%8e%e7%a0%b4%e9%96%80-%e3%81%b5%e3%81%9f%e3%82%8a%e3%81%ae%e3%83%a4%e3%82%af%e3%83%93%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%9f%e3%80%8fweb%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%ef%bc%92

ストーリー

舞台は大阪。弁は立つがぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮啓之(横山)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦(佐々木)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の≪疫病神≫である。縁を切りたいのに、今やコンビとみまごう二人に、何かと二宮を手伝ってくれるいとこの悠紀(北川)からは、本当は桑原のことが好きなんじゃないの?と言われる始末。そんなある日、二宮は映画プロデューサーの小清水(橋爪)が持ち込んだ映画企画を、桑原のいる二蝶会若頭の嶋田(國村)に紹介してしまい、二蝶会が出資をすることに。しかし小清水は金を持ったまま、愛人の玲美(橋本マナミ)とドロン。出資詐欺か!? 詐欺師・小清水を追いかけるため、桑原は二宮を巻き込んで奔走するが、見つかってはするりと逃げる小清水にふたりは翻弄され続ける。遂にキレた桑原のハチャメチャな追走劇は、更に大きなトラブルへと発展!追っている筈が何者かに追われてる!?絶体絶命のふたりは、生き残りをかけて大勝負に挑むがー。

(c)2017『破門 ふたりのヤクビョーガミ』製作委員会

試写会の感想

3日続けてヤクザ系の映画を試写で観た。【新宿スワンⅡ】→【土竜の唄 香港協奏曲】→【破門 ふたりのヤクビョーガミ】という順番だった。

またヤクザ映画かぁ・・・と、激しいバイオレンスや抗争劇にちょっと疲れていたので、ゲンナリしていたが【破門 ふたりのヤクビョーガミ】は、ヤクザ映画でもちょっと違う。ヤクザと貧乏建設コンサルタントのバティムービーで、コメディ要素もあり物語に引き込まれた。

映画プロデューサーの小清水役が、橋爪功。最近は頑固な父親や尊敬される立場の人物を演じることが多かったと思う。今回は若い愛人をはべらせる変な詐欺師を、情けない雰囲気で演じて笑わせてくれた。

ヤクザの抗争でバイオレンスなシーンもあるが、ピンチをチャンスに切り替える底力や、二宮と桑原の妙に呼吸が合うところが可笑しくて爽快感もあり続編があれば観たいと思う異色のヤクザ映画である。

 


  • 監督:小林聖太郎
  • 原作:黒川博行 「破門」(角川文庫刊)
  • 出演:佐々木蔵之介 横山裕 北川景子 濵田崇裕(ジャニーズWEST) 矢本悠馬 橋本マナミ 中村ゆり 木下ほうか
    キムラ緑子 宇崎竜童 / 國村隼 橋爪功
  • 制作・配給:松竹

2017年1月28日より全国ロードショー

道内公開劇場

  • 札幌シネマフロンティア
  • ユナイテッド・シネマ札幌
  • イオンシネマ江別
  • イオンシネマ小樽
  • イオンシネマ釧路
  • イオンシネマ北見
  • イオンシネマ旭川駅前
  • シネプレックス旭川
  • ディノシネマズ旭川
  • ディノシネマズ苫小牧

公式サイト : http://hamon-movie.jp/

(c)2017『破門 ふたりのヤクビョーガミ』製作委員会

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。