北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

原作:遠藤周作×監督:マーティン・スコセッシ【沈黙-サイレンス-】1月21日公開 感想

Pocket
LINEで送る

0f665e47d44deef0f9c34ff8822dc5d7

原作:遠藤周作×監督:マーティン・スコセッシ

ハリウッドと日本、最高のキャスト・スタッフが集結! 戦後日本文学の金字塔が完全映画化!!

%e6%b2%88%e9%bb%99_%e4%bb%ae%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3_photo-credit-kerry-brown

原作は戦後日本文学の最高峰とも称される遠藤周作の「沈黙」。

アカデミー賞®監督のマーティン・スコセッシが1988年に原作と出会ってから28年の時を経てついに映画化!

ストーリー

17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、ポルトガルから日本にたどり着いた若き司祭ロドリゴ。彼の目に映ったのは想像を絶する日本だった。信仰を貫くか、棄教し信者達の命を救うか―究極の選択を迫られる。

原作と出会ってから28年。アカデミー賞受賞の巨匠マーティン・スコセッシが激動の現代に「人間にとって本当に大切なものとは何か」を描き出す壮絶なドラマ。

%e6%b2%88%e9%bb%99_%e4%bb%ae%e3%82%b5%e3%83%96_photo-credit-kerry-brown 

感想

キリシタン弾圧の時代は、人の心を踏みにじる時代だった。

信じているだけで殺される、日本の閉鎖的で軍事的な時代の象徴を観た。

戦争で外国の強力な武器を持ち込み戦っていたのに、なぜキリスト教を布教することは否定的だったのか。

人をあやめた訳でも、侮辱したわけでもない彼らが次々と犠牲になっていく姿に心が苦しくなった。

日本の美しい自然の風景が希望を感じさせ、賑やかな町並みが残酷さを物語っている、深く切ない作品です。

「信教の自由」で守られている今、その人の心の支えとなっているものを無意味に否定したり取り上げることはできない。

マーティン・スコセッシ監督が長年あたため続けてきた本作は、人間にとって本当に大切なのは何かを強く訴えかけている究極の作品である。

予告動画


原題: Silence
原作:遠藤周作「沈黙」(新潮文庫刊)
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス 撮影:ロドリゴ・プリエト 美術:ダンテ・フェレッティ 編集:セルマ・スクーンメイカー
出演:アンドリュー・ガーフィールド リーアム・ニーソン アダム・ドライバー 窪塚洋介 浅野忠信 イッセー尾形
塚本晋也 小松菜奈 加瀬亮 笈田ヨシ
配給:KADOKAWA
公式webサイト: http://chinmoku.jp/
2017年1月21日(土)全国ロードショー

道内公開劇場

  • ディノスシネマズ札幌劇場
  • ユナイテッド・シネマ札幌
  • 札幌シネマフロンティア
  • イオンシネマ小樽
  • イオンシネマ江別
  • ディノスシネマズ苫小牧
  • ディノスシネマズ室蘭
  • イオンシネマ旭川駅前
  • シネプレックス旭川
  • ディノスシネマズ旭川
  • シネマアイリス
  • イオンシネマ釧路
  • イオンシネマ北見

(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

Writer Profile

kieko
kieko
「E.T.」を観て、自転車は爆走すると空を飛ぶと信じ、「グーニーズ」を観て、海には大冒険が待っていると信じていました。そんな私が今注目しているのはインド映画界ボリウッド。踊って歌って笑ってる・・・だけじゃない魅力もあるんです♪
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。