北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

1月28日公開GReeeeNの奇蹟を映画化 「キセキ -あの日のソビト-」感想

Pocket
LINEで送る

歯医者も歌も、どっちも本気!二つの夢を追いかけた前代未聞の覆面ボーカルグループ!誰もが知る名曲誕生にまつわる“軌跡”と“奇跡”を描いた、本当にあった“奇蹟”の物語。

ストーリー

メタルバンド「ハイスピード」のボーカル・ジン(松坂桃李)と、医大を目指す受験生ヒデ(菅田将暉)の二人の兄弟。厳格な医師の父・誠一(小林薫)と明るく優しい母・珠美(麻生祐未)のもとに生まれ、幼い頃から厳しく育てられてきた二人だったが、兄のジンは父の意に反して音楽の世界にのめり込んでいく。弟のヒデはそんな兄を案じつつ、父と同じ医学の道を志して勉強に励んでいた。

ヒデの浪人が決定した年、ジンのバンドはライブ中にレコード会社の目に留まり、メジャーデビューのオファーが舞い込む。しかし「音楽なんてくだらない」と父の猛反対を受けたジンは、バンドを続けるために半ば勘当状態で家を飛び出してしまった。

一方のヒデも自らの学力の限界を悟るが、いつも自分を信じて応援してくれる母が昔から歯が弱かったという話を聞き、新たに歯医者という目標に向けて勉強を続けることにする。

翌年ヒデは晴れて歯科大に合格した。しかし仲間との出会いにより再び音楽の魅力に引きよせられていたヒデは、実家の部屋でジンが残していったギターを手に取り弾き始める。音楽に触れているとすべてを忘れて夢中になれる自分がいた。そしてヒデはナビ(横浜流星)、クニ(成田凌)、ソウ(杉野遥亮)を誘って「グリーンボーイズ」を結成し、自分たちの曲を作り始める。

その頃ジンは自分のやりたい音楽とレコード会社から求められる路線のギャップ、そして仲間たちとの意識のズレにつまずいていた。それが原因でメンバーのトシオ(奥野瑛太)も脱退し、バンドは解散状態になってしまう。そんなとき、ヒデからアレンジを頼まれていたグリーンボーイズのデモテープを聴くと、心の底から音楽を楽しんでいるようなメロディーと歌声がヘッドフォンから流れてきた。弟たちの才能を肌で感じたジンは、彼らの音楽を手伝うことに。

そうしてむかえたグリーンボーイズの初ライブ。会場にはヒデが浪人中にCDショップで知り合ったガールフレンドの理香(忽那汐里)の姿もあった。ステージ上にヒデたちが現れ、オリジナル曲の「声」を歌い出すと、観客が一斉に沸く。

キラキラと輝く4人の姿をジンとトシオがフロアの隅で見守っていた。改めてバンドとの決別を告げるトシオを背に、目の前の4人に自分の夢を投影したジンは、自らの夢を彼らに託し、プロデューサーとしてサポートに回ることを決意する。

バンド時代に散々嫌味を言われたレコード会社の担当者・売野(野間口徹)に頭を下げ、弟たちの夢をつなぐために必死に奔走するジン。ようやく掴みかけたデビューの道。だが歯医者になるはずのヒデの音楽活動を知ったら父が許すはずもない。そこでジンはある秘策を思いつく。メンバーの顔を一切表に出さずに音楽のみで闘う勝負に出たのだ。

ヒデが歌詞を書き、ジンのマンションのクローゼットでレコーディングされた新曲「道」は、グリーンボーイズあらためGReeeeNのデビュー曲としてリリースされた。母や姉のふみ(早織)も喜んでくれたが、すっかり疎かになっていた学業の遅れに愕然としたヒデは、GReeeeNの活動を終わりにしようとする。そんなヒデに理香の言葉が突き刺さる。

「ヒデってホントは何がしたいの?」。

苦労して医者になり、たくさんの命を助けるために頑張っている父のことは尊敬している。母の期待にも応えたい。その一心で頑張ってきた。でも自分が本当にやりたいことは何なのだろうか。揺れ動くヒデの前に現れたのは兄ジンの姿だった。 その時、奇跡の歯車が動き始めた―!

感想

物語の冒頭は、兄のジンがハイスピードというメタルバンドで、思い通りの音楽活動を実現できない苦労からスタートする。

医者の仕事を誇りに持ち人命救助こそが最高の社会貢献と、音楽の仕事を認めない厳格な父親。両親の期待に答えようと歯科医の道を歩もうとする弟のヒデ。

GReeeeN誕生の裏には、兄と弟それぞれの物語がある。何故GReeeeNが顔出しをしないのか?その具体的な理由を劇中で知る。

兄のジンがバンドのボーカルという表舞台から降り、影で弟たちを支えるプロデュサーとして、GReeeeNの曲を聴く人々の心を、音楽で応援しようと決意するシーンに目頭が熱くなった。

2ヶ月間のボイストレーニングを積んだ松坂桃李と菅田将暉、仲間役を演じた共演者たちもボイストレーニングを受け、しっかりと歌い上げるシーンが満載で音楽映画としても楽しめる。

歯科医とバンドという二足のワラジで、音楽の夢に向かう兄弟と仲間たち、そして彼らを支える家族の物語はシンプルでストレートに心に響いてくる。

サブタイトルの【ソビト】とは【素人・空人】のことで自由に新しいことに挑戦していく人を指すGReeeeNの造語。

GReeeeNの曲を聞くと、誰もが勇気をもらえHappyになる。「キセキ -あの日のソビト-」は夢を追い続けた彼らの奇跡のような奇蹟の物語です。

予告動画


  • 出演:松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、平祐奈、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、早織、奥野瑛太、野間口徹/麻生祐未、小林薫
  • 監督:兼重淳
  • 脚本:斉藤ひろし 「秘密」」「黄泉がえり」
  • 音楽:GReeeeN
  • プロデューサー:小池賢太郎
  • 音楽プロデューサー:JIN
    (c)2017「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会

2017年1月28日(土) 全国公開

道内公開劇場

・札幌シネマフロンティア
・イオンシネマ小樽
・イオンシネマ旭川駅前
・イオンシネマ北見
・イオンシネマ江別
・イオンシネマ釧路

公式サイト: http://kiseki-movie.com

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
おすすめ