北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

『ラビング 愛という名前のふたり』歴史を変えた真実のラブストーリー!3月3日公開 試写会の感想

Pocket
LINEで送る

アメリカ史上最も純粋なラブストーリー

『英国王のスピーチ』コリン・ファースが映画化を熱望した感動の実話

黒人と白人の結婚が違法だった州で、なぜ彼らの愛が法律を変えたのか?実話から生まれた、アメリカ史上最も純粋なラブストーリー

ある夜、突然逮捕された、リチャードとミルドレッドのラビング夫妻。
その罪の名は、“結婚”──今からわずか60年前のこと、アメリカのいくつもの州で異人種間の婚姻が禁じられていた。
だが、活動家や政治家でもなく、ごく普通の労働者階級のラビング夫妻の訴えによって、1967年に遂に法律が変わる。
いったい、ラビング夫妻はどうやって国を動かしたのか?

リチャードとミルドレッドが出会って恋におちたのは、ふたりが生まれ育ったバージニア州。
レンガ職人として勤勉に働くリチャードは、ミルドレッドの妊娠を知って結婚を申し込む。
時は1958年、ふたりは黒人と白人の結婚が許されているワシントンD.C.で手続きをし、地元に戻ってラビング夫妻として新婚生活をスタートさせる。
だが、バージニア州の判事から有罪を言い渡され、執行猶予の条件として離婚しないのなら直ちに故郷を立ち去り、25年間一緒には戻れないという判決を下される。
ラビング夫妻は大切な家族や友人と身を切るような想いで別れ、見知らぬ街へと引っ越すのだが──。

2008年にミルドレッドが亡くなった時に、再びスポットライトがあてられたラビング夫妻の物語に深い感銘を受けたのが、『英国王のスピーチ』でアカデミー賞に輝いた名優コリン・ファース。彼がプロデューサーに名乗り出て、この驚くべき実話の映画化が実現した!

鋭監督と実力派俳優の入魂のコラボレーションにカンヌ、トロント国際映画祭が感涙、一気にオスカー候補に!国と歴史を動かした愛を描く感動の物語

口下手で不器用だが、その優しさと誠実さで妻を愛し守り続けるリチャードを演じるのは、『華麗なるギャツビー』のジョエル・エドガートン。
普段は控えめで物静かだが、子供たちのためなら思わぬ行動力を示すミルドレッドには、『プルートで朝食を』のルース・ネッガ。
国と国、人と人の間で、互いへの思いやりが失われつつある今この時代に、ラビング夫妻を演じることに重大な使命と責任を感じたエドガートンとネッガは、
夫妻の資料を丹念にリサーチし、彼らの思い出の場所を訪ね、外見はもちろん内面にも深くコミットした。
そうして生まれたのが、言葉に頼らず、いつも見つめ合い、触れ合い、大事な時にはしっかりと手を握り合って想いを確かめ合うふたりだった。
その慎ましくも美しい姿を、丁寧に慈しむようにスクリーンに焼きつけたのは、期待の気鋭監督ジェフ・ニコルズ。
前作『MUD マッド』に続き、本作もカンヌ国際映画祭に正式出品され、高い評価を獲得した。
続くトロント国際映画祭でも絶賛され、既にメディアでも「間違いなく今年のオスカー候補作品だ!」(Screen)との声が上がっている。
一度は裁きに従ったふたりが、国を動かすことになったきっかけ──それは、ミルドレッドがジョン・F・ケネディ大統領の弟であるロバート・ケネディ司法長官宛てに書いた1通の手紙。
豊かな自然に囲まれた生まれ故郷で、愛する人と夫婦として暮らしたいという、人として当たり前の願いを綴ったのだ。
ふたりは自分たちの“LOVING(ルビ:ラビング)”という名前の通り、ただひたすらに愛を貫いた。
一点の曇りもない愛が歴史を変え、時代を超えて今私たちの心を揺さぶる──アメリカ史上最も純粋なラブストーリーが誕生した。

ストーリー

ここで生まれ、愛し合った──
それだけで歴史を変えたふたり。

レンガ職人のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。1958年、生まれ育ったバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。二人は、離婚か生まれ故郷を捨てるか、二つに一つの選択を迫られる――。二人の純粋な愛が、世界を変えた感動の実話。

試写会の感想

異人種間の結婚が違法だったアメリカ。その重たい事実を知り衝撃が走る…知らないことは罪だと思った。

自分が産まれた時よりそんな遠くない昔に、異人種間結婚で逮捕と差別の悲劇。物語はそのテーマと裏腹に粛々と進んでいく。

ドキュメンタリー映画から脚光を集め映画化となったこの作品には、ラビング夫妻の実の娘が顧問として加わり、また実際に出来事が起きた場所で撮影しリアリティを追求した。

ラビング夫妻が地元警察からの執拗な差別と逮捕、8年間も虐げられてきた真実の物語と、裁判によって歴史と法律を変えた夫婦の純粋なラブストーリー。

夫妻の仲睦まじさ、妻を愛しく支え真面目に仕事に励む夫・リチャードの献身的な優しさと男らしさ、それに応える妻・ミルドレッドの素敵な夫婦の姿に羨ましさすら感じた。

残念ながらアカデミー賞作品賞のノミネーションは逃してしまったが、主演女優賞に妻役のルース・ネッガがノミネートされている。

キャスト/スタッフ

  • リチャード ……… ジョエル・エドガートン
  • ミルドレッド ……… ルース・ネッガ
  • ブルックス保安官 ……… マートン・ソーカス
  • バーナード・コーエン ……… ニック・クロール
  • ガーネット ……… テリー・アブニー
  • レイモンド ……… アラーノ・ミラー
  • フィリップ・ハーシュコプ ……… ジョン・ベース
  • グレイ・ビレット ……… マイケル・シャノン

  • 監督・脚本 ……… ジェフ・ニコルズ
  • プロデューサー ……… ゲド・ドハティ、コリン・ファース、サラ・グリーン、ナンシー・バースキー、マーク・タートルトーブ、ピーター・サラフ
  • 撮影 ……… アダム・ストーン
  • 美術 ……… チャド・キース
  • 編集 ……… ジュリー・モンロー
  • 衣装 ……… エリン・ベナッチ
  • 音楽 ……… デヴィッド・ウィンゴ

3月3日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
札幌シネマフロンティアで公開!

原題:Loving/2016年/イギリス・アメリカ映画/123分/カラー
シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:牧野琴子
提供:ギャガ、カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ギャガ
公式サイト:http://gaga.ne.jp/loving/
c 2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。