北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

15年振りの続編!ヴィン・ディーゼル主演!「トリプルX:再起動」2月24日公開 試写会の感想

Pocket
LINEで送る

大ヒット作『トリプルX』(2002)続編、首の後ろにある“xXx”のタトゥーがトレードマークのX-スポーツのカリスマ、ザンダー・ケイジが NSA(国家安全保障局)から強制的にシークレット・エージェントに任命され、東欧のテロ集団の潜入捜査を試みる…

フェロモン全開、精悍さにあふれたタフな容貌にユーモアが滲む主人公を演じ、危険度トリプル級のスタントの数々を披露、ハリウッドでのアクションスターとしての地位を確固たるものにし、今やハリウッドを代表するアクションスター・ヴィン・ディーゼルが再び観る者を興奮の渦に巻き込む!

想像を超えるエクストリーム・アクション、芸術の域に到達したマーシャルアーツ、世界を極めたセレブリティたち…究極のすべてがひとつになり、観客をノンストップで極限〈トリプルX〉の世界へ叩き込む!

ストーリー

物語は、ザンダーを見出して特殊工作部門“トリプルX” を設立したNSA(アメリカ国家安全保障局)高官ギボンズがネイマール Jr.(本人役)をトリプル X に勧誘している最中に暗殺されるという、衝撃的なエピソードで幕を開ける。謎に包まれた敵となる巨悪組織は、軍事衛星など地球を周回するすべての人工衛星のコントロールを可能にする「パンドラの箱」と呼ばれる装置を強奪し、世界を手中に収めようとしていた。恩人ギボンズを殺したのは誰なのか? 装置を奪った、驚異的な身体能力を誇る一味の正体とは?そして最強の敵ジャン(ドニー・イェン)と戦うこととなる。スリルを求める連中から召集された新たなチーム“トリプルX”と共に、ザンダーは全世界の政府最高権力者たちをターゲットとした世界壊滅の陰謀に巻き込まれていく。

試写会の感想

首の後ろに“xXx”のタトゥーがあるX-スポーツ界のカリスマ、ザンダー・ケイジ。通称“ トリプルX”がスクリーンにカムバックした!数あるスパイムービーとはちょっと違う、エクストリームスポーツの達人ザンダーと特殊能力を持つ仲間達。身体能力に優れ、リカバリースキルも超一流で仲間との信頼関係も厚い。

ザンダーが南米ドミニカではスキーで森を滑走し、スケボーで対向車をかわしつつ疾走、水上バイクで波の中を走り抜けるという過激なX-スポーツシーンも満載!

更に『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で活躍した香港のカンフー・スター、ドニー・イェンがザンダーと戦う謎の刺客として登場!彼の力強いカンフーシーンは圧巻の迫力で、ストーリーを盛り上げてくれる。

「デスパレートな妻たち」で一世を風靡した演技派女優トニ・コレットはザンダーに指令を下すNSA長官として華麗に登場し、テレビドラマで馴染みの彼女が大物役として体現するシーンは見ものである!

脇を固めるキャストはトップモデルのルビー・ローズ、インドの人気女優ディーピカ・パーデュコーンがタフなアクションヒロインを演じ、韓国のアイドルグループ、EXOの元メンバー、クリスやタイが誇るアクション・スター、トニー・ジャー豪華な面々に加え、ハリウッドデビューを飾る世界最強のサッカー・プレーヤー、ネイマール Jr.も乱入となれば、これは絶対に見逃すわけにはいかない!大注目の「トリプルX:再起動」この冬一番過激でホットな映画だ!

予告動画

製作/キャスト

  • 出演者: ヴィン・ディーゼル、ドニー・イェン、ネイマールJr.、サミュエル・L・ジャクソン、クリス、ニーナ・ドブレフ、ルビー・ローズ、トニ・コレット、ディーピカ・パーデュコーン
  • 監督: D・J・カルーソー
  • 原題:『xXx: Return of Xander Cage』 全米公開日:2017年1月20日(水)
  • 上映時間:1時間47分
  • 公式サイト:http://www.xandercage.jp/
  • 公式FB:@XanderCage.jp
  • 配給:東和ピクチャーズ

ⓒ2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved

2月24日(金) 全国ロードショー

道内公開劇場

  • 札幌シネマフロンティア
  • ユナイテッド・シネマ札幌
  • イオンシネマ江別
  • イオンシネマ小樽
  • シネプレックス旭川
  • ディノスシネマズ旭川
  • ディノスシネマズ苫小牧
  • イオンシネマ北見
  • シネマ太陽帯広

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
おすすめ