北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

『プラダを着た悪魔』の監督最新作!【素晴らしきかな、人生】2月25日公開

Pocket
LINEで送る

『プラダを着た悪魔』の監督最新作! 大人のあなたへ贈る“人生の乗り越え方”

ウィル・スミスやケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレンら、アカデミー賞® 受賞&ノミネート俳優が結集。華やかさと演技力を兼ね備えた名優たちの珠玉の演技 が物語を盛り上げます。


大人になるとき、誰もがいちどは、人生のドン底を経験する。失恋、家族との別れ、仕事での失敗――理由は人それぞれだけれど、何もかもが上手くいく人生なんてあり得ない。
主人公ハワードの場合は、最愛の人を亡くしたことだった。同僚たちが心配する中ハワードの前に現れたのは、3人の奇妙な男女。彼らが教えてくれた、悲しみを乗り越える「ヒント」とは――?
恋に仕事に一生懸命な女性を励ましてくれた『プラダを来た悪魔』のデヴィッド・フランケル監督が、今度はすべての大人たちに、人生の試練から再び歩き出す力を与えてくれる。

ストーリー

ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)。しかし彼は最愛の人を失い、深い喪失感に見舞われ、プライベートも仕事もやる気なし。会社も危ない。同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)もそんなハワードと会社を心配していた。そんなある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン他)が突然現れた。不可思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる3人。しかし、その出会いによってハワードに徐々に変化が…。

 

試写会の感想

社員たちの前で自信に満ち、力強くスピーチする広告代理店の社長、ハワード。彼は広告業界で大成功を収めた実業家である。彼は「愛・時間・死」を常に意識すべきキーワードとして社員たちに熱く語りかける。「これら3つは全ての人間に結びついている。我々愛を求め、時間を惜しみ、死を怖がる。」

しかし、その後現れる現在のハワードは、同じ人物とは思えないような無気力な状態、周りとの接触を避け、何にも興味を示さず、生きる気力を失っている。そんなハワードを何とか救いたいと努力し続ける友人たち、ホイット、クレア、サイモンは彼の友人であると同時に長年のビジネスパートナーでもある。だが彼らも、それぞれに深い悩みや葛藤を抱えていた。

クリスマスに向かい賑やかさを増すニューヨークの街、その明るさとは対照的に、最愛の人を失い深い喪失感に見舞われドン底状態のハワードの前に、3人の奇妙な舞台俳優が表れ、それぞれが「愛」「時間」「死」を演じ、彼に働きかけてくる…。

ウィル・スミスをはじめ演技派揃いの俳優陣に、気づけば物語の中に入り込み、一緒に「死」「愛」「時間」の言葉に耳を傾け、人生について考えている自分がいた。

ハワード、ホイット、クレア、サイモン、それぞれに今の自分にとっての答えを見つけ、新しい道に一歩を踏み出していくラストは清々しい。
どんなに暗い奈落の底に落ちていても、希望の光を見いだすことはできる、人生って悪くない、そんな気持ちにさせてくれるハートフルストーリーです!!

 

予告動画

2月25日全国ロードショー!

道内公開劇場

・札幌シネマフロンティア
・ユナイテッド・シネマ札幌
・シネプレックス旭川
・ディノスシネマズ苫小牧
・ディノスシネマズ室蘭
・シネマ太陽帯広

■キャスト:ウィル・スミス、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレン

■監督:デヴィッド・フランケル『プラダを着た悪魔』   製作:マイケル・シュガー『スポットライト 世紀のスクープ』

■音楽:セオドア・シャピロ『マイ・インターン』  配給:ワーナー・ブラザース映画

■原題:Collateral Beauty

公式サイト:http://subarashiki-movie.jp

©2016 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT  INC.,  VILLAGE  ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

Writer Profile

kazue
好きな映画はサスペンスや冒険映画です。趣味はヨガ。好きな映画は『最強のふたり』『マリーゴールドホテル』『女神は二度微笑む』好きな俳優はモーガン・フリーマン、オードリー・ヘップバーン、メリル・ストリープです。
おすすめ