北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断 鑑賞後の感想

Pocket
LINEで送る

相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断

 

待望の『相棒』シリーズ映画最新作!

謎の国際犯罪組織と彼らを追う国連犯罪情報事務局、英国での集団毒殺事件、2度誘拐された少女、9億円の身代金要求と日本政府。

全ての点が線で結ばれる時、特命係が見たものとは?

誰も想像し得ない“真相”と“未来”

あまりに切ないクライマックスへ―。

解説

2017年2月、日本中が待ち望んでいた『相棒』劇場版が帰ってきた!

前作『相棒-劇場版3-』の公開から約3年、視聴者からの圧倒的な支持は不変ながら、ここにきて大きな転換期を迎えている水谷豊主演の超人気テレビシリーズ『相棒』。テレビシリーズ放送時期の劇場公開としては『-劇場版2-』以来となる本作、『相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!

特命係 最後の決断』には、『season14』から杉下右京の“相棒”となった冠城亘(反町隆史)と共に、シリーズの新たなキーパーソンである社美彌子(仲間由紀恵)、虎視眈々と復権を狙う警察庁の甲斐峯秋(石坂浩二)、相変わらず特命係と強い絆でつながっている“元相棒”神戸尊(及川光博)、現在は警察学校で教官を務めている“元鑑識”米沢守(六角精児)ら人気キャラクターが総集結している。

そんな『相棒』オールスターズの面々が立ち向かうのは、これまで特命係が関わってきた事件の中でも比類のない難敵となるミステリアスな国際犯罪組織。7年前に英国で起こった集団毒殺事件と少女誘拐、日本国内に秘密裡に持ち込まれた化学物質、そして東京のど真ん中で行われる世界的なスポーツ大会の凱旋パレード。それらの点と点と点を、杉下右京が持ち前の推理と洞察力によって線で結んだ時、深い愛が生み出した『相棒』史上最も壮大で悲痛なクライマックスがおとずれる――。特命係を事件の驚くべき深層へと導くことになる国連犯罪情報事務局・元理事のマーク・リュウを演じるのは鹿賀丈史、犯罪組織を率いる謎の“黒衣の男”を演じるのは北村一輝。誘拐された少女を演じるのは今回劇場版ヒロインに大抜擢となった山口まゆ。監督を務めるのは『相棒』テレビシリーズで長年敏腕を振るい、『探偵はBARにいる』シリーズ、『相棒シリーズ X DAY』を筆頭に映画界でも大活躍中の橋本一。脚本は『相棒』特有の硬質な世界観に女性的な柔らかい視点をもたらし、『相棒』テレビシリーズにおいて屈指のストーリーテラーとしての評価を確立してきた太田愛。これまでの『相棒』劇場版を超えるスケール感に加えて、第一級のクライムストーリーと呼ぶにふさわしいサスペンスフルな展開と、エモーショナルなラストシーンが待ち受けている『相棒-劇場版IV-』。『相棒』の新しい歴史が、ここから始まる!

あらすじ・ストーリー

7年前、英国で日本領事館関係者の凄惨な集団毒殺事件が起こり、その唯一の生き残りだった少女が国際犯罪組織によって誘拐された。しかし、当時の駐英大使と日本政府は“高度な政治的判断”によって、その誘拐事件を闇に葬っていた――。

それから7年。国際犯罪組織バーズのリーダー=レイブンを長年追ってきた国連犯罪情報事務局・元理事のマーク・リュウが、日本にレイブンが潜伏しているという情報を得て香港から来日。特命係の杉下右京と冠城亘は、社美彌子からの指示で、案内役としてそのリュウに同行していた。その矢先、リュウの部下が、「天谷克則という男を調べてくれ」というメッセージを残し、首に黒い羽のタトゥーを入れた“黒衣の男”に殺害された。

外務省のホームページをハッキングした犯行グループは、7年前に誘拐した少女=鷺沢瑛里佳の現在の姿を動画で公開した。「7年前、日本政府は我々の要求を無視した。今回拒否すれば、大勢の人々が見守る中で、日本人の誇りが砕け散るだろう」というメッセージと約9億円の身代金を要求した。誘拐事件の全貌が明らかになって、騒然とするマスコミ。特命係の2人は捜査一課の面々、元鑑識の米沢守、警察庁の神戸尊らを巻き込みながら、事件解決へと独自に動き出す。東京では、世界の要人を招いて国際平和会議が開かれようとしていた。国際社会に向けて“テロに屈しない国家”であることを示さなければいけない日本政府。今回の要求も無視されることになれば“国から二度棄てられる”ことになる少女。様々な思惑が交錯する中、杉下右京は犯人グループの真の標的に近づきつつあった。

リュウが被害者の一人となった異物混入事件の物証から、犯行グループが50万人分の致死量がある毒物を所有していることが判明。「大勢の人々が見守る中で、日本人の誇りが砕け散る」。東京・銀座に50万人以上の見物客が集まる世界スポーツ競技大会の日本選手団の凱旋パレードへの無差別大量テロだった。事件の鍵を握る“天谷克典”とは一体何者なのか? “黒衣の男”の正体は国際犯罪組織バーズのリーダー=レイブンなのか? そして、事件の首謀者レイブンの本当の目的とは? 日本中が歓喜に包まれた凱旋パレードの真っ只中、遂に杉下右京は真犯人を追い詰める! しかし、その先には誰も想像してなかった“真相”と“未来”が待ち受けていた――。

 相棒 -劇場版IV 予告編

 

相棒 -劇場版IV  特報

試写会・鑑賞後の感想

特に相棒ファンではないですが映画らしいスケールの大きい、大掛かりな話で意外な展開がスリリングで楽しめた(ただ犯人は推理しやすいかも!?)。東京オリンピックを控えた東京を舞台に、平和ボケした日本人にメッセージを送るテロリストの本意を見抜く右京さんの推理と情熱的なやさしさに感動した。

スタッフ

  • 監督:橋本一
  • 脚本:太田愛
  • 製作総指揮:早河洋
  • 撮影:会田正裕
  • 照明:松村泰裕
  • 録音:舛森強
  • 美術:近藤成之
  • 装飾:山本信毅
  • VFXプロデューサー:戸枝誠憲
  • VFXスーパーバイザー:宮島壮司
  • 編集:只野信也
  • 音楽:池頼広
  • 音響効果:西村洋一
  • スクリプター:小関ひろみ
  • 助監督:安養寺工
  • 制作担当:金井光則
  • ラインプロデューサー:今村勝範
  • アシスタントプロデューサー:増田玲介
  • 音楽プロデューサー:津島玄一

キャスト

  • 水谷豊:杉下右京
  • 反町隆史:冠城亘
  • 鈴木杏樹:月本幸子
  • 川原和久:伊丹憲一
  • 山中崇史:芹沢慶二
  • 山西惇:角田六郎
  • 六角精児:米沢守
  • 神保悟志:大河内春樹
  • 小野了:中園照生
  • 片桐竜次:内村完爾
  • 仲間由紀恵:社美彌子
  • 及川光博:神戸尊
  • 石坂浩二:甲斐峯秋
  • 山口まゆ:鷺沢瑛里佳
  • 益岡徹:佐橋健作
  • 菅原大吉:山崎哲雄
  • 篠井英介
  • 江守徹:岩井孝信
  • 北村一輝:黒衣の男
  • 鹿賀丈史:マーク・リュウ

    公開日

  • 2017年2月11日

    公開劇場

  • 丸の内TOEIほか全国ロードショー

    北海道内公開劇場

    • 札幌シネマフロンティア 3/4(土)~6(月)日本語字幕付上映
    • ユナイテッド・シネマ札幌
    • シネマ太陽函館
    • イオンシネマ小樽
    • イオンシネマ旭川駅前
    • シネプレックス旭川
    • ディノスシネマズ旭川
    • ディノスシネマズ室蘭
    • シネマ太陽帯広
    • イオンシネマ北見
    • ディノスシネマズ苫小牧
    • T・ジョイ稚内
    • イオンシネマ江別
    • ソラシネマちとせ
    • イオンシネマ釧路

    作品データ

    ©2017「相棒-劇場版IV-」パートナーズ

おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。