北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

映画版『3月のライオン』神木隆之介主演 3/18前編 4/22後編 試写会の感想

Pocket
LINEで送る

国民的人気コミック「3月のライオン」 連載10年を迎える年に、運命の実写映画化!

10年以上に渡り愛されている原作コミック、新房昭之監督によるNHK総合アニメも好調な「3月のライオン」。

原作はいまも連載中。羽海野チカが考えているフィナーレを受け取り、 大友監督が紡ぎ出した映画版とは―――?

ストーリー

若き天才ともてはやされる17歳の将棋のプロ棋士、桐山零。しかし彼には、家も家族も居場所も――何もなかった。

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで 暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋 士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、 零は川向こうに住む川本家の三姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。

今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神の全てを賭け て挑む、想像を絶する闘いが零を待ち受ける! 親子、兄弟姉妹、友達、師弟――人と人を結ぶ愛を求めて魂がぶつかり 合う感動のエンタテインメント<2部作>!

試写会の感想

前編、作品に吸い込まれるように観ていた私は、後編があることを忘れ、エンドロールで「この映画、続編があるといいな」なんて思ってしまった。そのくらい心の琴線に触れる部分が多い作品です。

前編は零くんの幼少期の出来事から高校生でプロ棋士になっていくきっかけと川本三姉妹との出会いでの生活の変化を、後編は川本三姉妹を取り巻く出来事と桐山零の将棋への姿勢を描いている。コミックとは違うストーリー構成だが内容が桐山零中心に絞られており、映画だけでも十分楽しめる作品です。

映画を観て、「この人はどんな背景があるのだろう」とか「この時、何があったんだろう」と感じたら是非コミックを読んでほしい。

零くんと共に物語の中心にある川本三姉妹は、零くんの心にある凝り固まったものをゆっくりと溶かしていく。下町情緒あふれる風景とご飯を囲むあったかいシーンは零くんだけでなく見ている私たちも幸せになっていく。そして、高橋一生演じる林田先生はコミックから出てきたかのように忠実に演じている。高校でこんな先生と出会えたら幸せだろうなと思った。コミックではさらにいい味の人物像なので、やはりコミックも読んでほしい!

神木隆之介は、桐山零の言えない気持ちや出せない感情を豊かな演技力で忠実に演じきっている。心の中のライオンと共に一直線に将棋と向き合う零くんが、喜怒哀楽を見せるシーンは「ああ、彼にも感情が出せる時があって良かった」と胸をなで下ろした。

バラエティに富んだ俳優陣と子役の迫力ある演技力、そしてモモちゃんの愛らしさに張り詰めた空気と感情がふっとほぐれる。映画を観ていて、桐山零は明日誰とどんな出会いがあるのだろうとワクワクした。

コミックを読んだ人が映画を観ると、作品の構成が斬新で新鮮に感じるであろう。映画を観て興味を持った人は、コミックを読むとストーリーの細かい部分まで知ることができる。「闘いの前編」と「愛の後編」、どちらもあらゆる世代の方に楽しんでいただける作品です。

私は携帯に将棋のアプリを2つ入れました。「見習いレベル」で負け続けていますが、結構ハマっています。

予告編①

予告編②

キャスト/スタッフ

  • 出演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶 佐々木蔵之介  加瀬 亮   伊藤英明  豊川悦司
  • 監督:大友啓史
  • 原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
  • 配給:東宝=アスミック・エース

【前編】3月18日(土)

【後編】4月22日(土)

2部作連続 札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌など全道にてロードショー

  • 札幌シネマフロンティア
  • ユナイテッド・シネマ札幌
  • シネプレックス旭川
  • イオンシネマ旭川駅前
  • シネマ太陽函館
  • シネマ太陽帯広
  • イオンシネマ江別
  • イオンシネマ小樽
  • イオンシネマ北見
  • イオンシネマ釧路
  • ディノスシネマズ苫小牧

(c)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

Writer Profile

kieko
kieko
「E.T.」を観て、自転車は爆走すると空を飛ぶと信じ、「グーニーズ」を観て、海には大冒険が待っていると信じていました。そんな私が今注目しているのはインド映画界ボリウッド。踊って歌って笑ってる・・・だけじゃない魅力もあるんです♪
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。