北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

ディズニーアニメ『モアナと伝説の海』3月10日公開 試写会の感想

Pocket
LINEで送る

海に選ばれた16才の少女――彼女の名は、モアナ。

「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」のディズニーが贈る、南の島を舞台に繰り広げる感動のファンタジー!

「アナと雪の女王」「ズートピア」に続くディズニー・アニメーション最新作!『リトル・マーメイド』の監督コンビによるNEWヒロイン誕生!

――それは、生命の源。

2017年春、「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」のディズニーが、南の島を舞台に感動のファンタジーを贈ります。それは、海に選ばれた少女モアナの物語。幼いころの“ある体験”がきっかけで海と運命的な絆で結ばれた彼女は、やがて世界をひとつにつなぐ大海原へ――それは、誰も想像できない神秘に満ちた冒険の始まり!

この愛らしく勇気溢れるディズニーのニュー・ヒロインを生み出したのは、「リトル・マーメイド」「アラジン」でディズニーの黄金時代を築いたジョン・マスカーとロン・クレメンツ監督。永遠のミュージカル・ナンバーを生み出してきた彼らならではの珠玉のオリジナル・ソングが、奇跡の映像美をドラマティックに彩ります。

ストーリー

ポリネシアの島々で語り継がれる神秘的な伝説を基に、新たなストーリーを紡ぐ本作の舞台は、壮大に広がる美しい南の海。アナとエルサに続く、ディズニーの新ヒロイン“モアナ”は、南の島で生まれ育ち、海を愛する少女。傷つき悩みながらも、自分の進むべき道を見つけるため冒険に。彼女は、幼い頃に海と“ある出会い”をしたことから、海に選ばれる。そして16歳になったとき、運命に導かれるように伝説の海へ旅立つが─。

試写会の感想

命の女神のテフティ、そしてモアナとマウイに課せられた運命の物語はまるで神話のようだ…

家族と島の仲間を守るため一人過酷な海の冒険に挑む少女モアナは、マウイを探し出会う。身勝手なマウイの凝り固まった心が、モアナとの友情により次第に変化していく。

彼らの大冒険が歌と音楽によってダイナミックに表現され、ハワイを思い起こす南国の海と島の大自然、波の一筋でさえもキラキラと輝いて、その映像美には感激する。

また実際にマウイという人物は、ポリネシアン文化では英雄や神として尊敬されている。ディズニーがイメージする海の英雄がマウイという役どころなのだ。

ディズニー映画ならではの、夢のある『モアナと伝説の海』は是非この春休みにお子様連れでオススメしたい。

予告動画

キャスト

  • モアナ:屋比久知奈/アウリィ・カルバーリョ
  • マウイ:尾上松也/ドウェイン・ジョンソン
  • タラおばあちゃん:夏木マリ/レイチェル・ハウス
  • タマトア:ROLLY/ジェマイン・クレメント

スタッフ

  • 監督:ロン・クレメンツ ジョン・マスカー
  • 脚本:ジャレド・ブッシュ
  • 製作:オスナット・シューラー
  • 製作総指揮:ジョン・ラセター
  • 音楽:リン=マニュエル・ミランダ

 

モアナと伝説の海』 3月10日公開。

©2016 Disney. All Rights Reserved.

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
おすすめ