北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

映画『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』3月11日公開 解説/感想

Pocket
LINEで送る

アカデミー賞®受賞監督が、ヨーヨー・マの奏でる音楽のルーツに迫る!

2015 年トロント映画祭出品作品】

2016 年ベルリン国際映画祭特別招待作品(ベルリナーレ・スペシャル)】

解説

バックコーラスの歌姫たち』でアカデミー賞®を受賞し たモーガン・ネヴィル監督が 現代最高のチェリスト、ヨーヨー・マの奏でる音楽とその ルーツに迫る珠玉のドキュメンタリー。

 世界的チェロ奏者であるヨーヨー・マが、2000 年に【音の文化遺 産】を世界に発信するために立ち上げた“シルクロード・アンサ ンブル”。異文化がクロスするシルクロードにゆかりがあり、さま ざまな歴史的、文化的、民族的、政治的背景を背負ったメンバー たちとともに、ヨーヨー・マは自分自身のアイデンティティを確 立していく。世界トップの演奏家ヨーヨー・マが追求しているものは何か?パリの幼少期からの貴重な映像、ニューヨー クで親交を深めたジョン・ウィリアムズ、タン・ドゥン、ボビー・マクファーリンなどの証言と、名曲の演奏シーン。ス テージでは見ることのできない音楽創造過程や、世界中の音楽仲間たちとの熱いセッションの数々。ケマンチェ、中国琵 琶、尺八、バグパイプなど伝統的な東西の音楽と現代音楽とが融合し、国境を超えた究極の音楽そして人間のハーモニー が紡がれ、観る者の心に響く至高の作品です。

試写会の感想

オープニングの楽器と絵画と歌のセッションで一気に心をつかまれた。

異国、異文化、異言語、異芸術。

異なるものが同じ心で集まり奏でる、心踊る壮大なハーモニーが心地よい映画です。
それぞれの国を象徴する楽器たちの異文化コミュニケーションが常識に捕らわれない新感覚をうみだしている。

9.11」「3.11」と世界中に衝撃を与えた事件や災害、そして日常的に起きている紛争。音楽ができることを伝えていくヨーヨー・マと仲間たち。
批判的な意見にも屈しないヨーヨー・マの姿勢に脱帽した。

シルクロードを渡り繋がる、人の心を豊かにする音楽の力を是非体感してほしい。

札幌では3月11日に、シアターキノ20周年記念第一弾作品として上映。

観ると笑顔になれる映画です。

公式予告

 

【映画に登場する曲目(一部)】

  • 「J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第 1 番ト長調 BWV1007
  • 「オリヴィエ・メシアン:世の終わりのための四重奏 曲」
  • 「サン=サーンス:組曲《動物の謝肉祭》より白鳥」
  • 「サポ・ペラパスケーロ:トゥルケアスカ」ほか

 

  • 監督:モーガン・ネヴィル(『バックコーラスの歌姫たち』)2014 年アカデミー賞®【長編ドキュメンタリー賞】&グラミー賞【最優秀音楽映画賞】受賞!
  • 出演:ヨーヨー・マ、ジョン・ウィリアムズ、タン・ドゥン、ケイハン・カルホール、梅崎康二郎、キナーン・アズメ、ボビー・マクファーリン

2015年/アメリカ映画/英語/95分/カラー/原題:The Music of Strangers

 配給:コムストック・グループ  配給協力:東京テアトル

公式HP:yoyomasilkroad.com

3月11日 シアターキノ札幌で公開

(c)2015, Silk Road Project Inc., All Rights Reserved

Writer Profile

kieko
kieko
「E.T.」を観て、自転車は爆走すると空を飛ぶと信じ、「グーニーズ」を観て、海には大冒険が待っていると信じていました。そんな私が今注目しているのはインド映画界ボリウッド。踊って歌って笑ってる・・・だけじゃない魅力もあるんです♪
おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。