北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

レゴ バットマン ザ・ムービー 4月1日公開 | マイケル・セラが声の出演!ブルース・ウェインの個性に鋭く踏み込むストーリー 試写会の感想

Pocket
LINEで送る

レゴ バットマン ザ・ムービー 原題 The LEGO Batman Movie

レゴ バットマン ザ・ムービーについて

レゴ®ワールドとDCユニバースという二つの世界から、エネルギーと想像力、そして強烈なキャラクター達が終結した「レゴ®バットマン ザ・ムービー」。
DCコミックスが創り出したスーパーヒーロー、スーパーヴィランがスクリーン上でユニークに再現され、あらゆる世代の観客をいざなう。アクション満載、楽しさいっぱい、笑いが絶えない本作には、バットマンのかっこいい武器や装備、そしてレゴブロックによって初めて作られたバットケイブも登場。さらにこの最新アドベンチャーでは、こんな疑問も投げかける。「バットマンはいいかがんに妙なこだわりを捨て、幸せへの道を進めるのだろうか?」

本作の主役レゴバットマンは、史上もっともクールで、ハンサムで、マッチョで、誰よりもすごいスターなのだ。。。。そう言ってるのが本人あとしても。実際、彼はそう言っている。しょっちゅう。

「LEGO®ムービー」に登場したバットマンは、観客に大人気で一躍スターになったキャラクターでした。そんな彼はきっと、自分が自分が主役の映画であって当然、三番手でたまるか、と言いたいと思うんですよ。彼は自分は絶対、一番手タイプだと思っています。」と語るクリストファー・ミラーは、フィル・ロードとともに2014年の「LEGO®ムービー」で監督・脚本を務めた。そのクリエイティブな共同作業をなじみ深いものでありつつも、新鮮なものにするため、彼らは本作では制作を担当することにした。そして前作でアニメーション監督と編集を務めたフィルムメーキング・パートナーのクリス・マッケイに本作の監督を任せた。

本作でパットマンと共演する超ホジテイプで、 とてつもなくすばしっこい少年ディック・グしイソンは、 いすれロビンになる。 そしてパットマンの忠実て、 一見控えめな執事のアルフレッド。 ゴッサム・シティの新 しい市警本部長パーパラ・ゴードン、 別名バットガールは、 カールパワーを炸裂させる。 さらに、 どうしても目立ちたくて仕方がないジョーカーも登場する。 とはいえ、本作はバットマンの驚愕の技術と、誰もがうらやむ筋肉を見せつけるだけでなく、彼の個性にも鋭く踏み込んていくストーリーだ。バットマンのどんなところを具体的に探るのかというと、単独行動をとる必要がある理由、自分のつらい過去をひとりてくよくよ者え込み、誰からも一定の距離をとる点だ。それが徹底しているために、彼は社会的にはちょっとダメなやつではないかと思えてくる。

「バットマンというキャラクターは、世界中て愛されていますが、それにはちゃんと理由があるはすなんです。彼のような行動をとり、それでもうまく逃けおおせるなんて、ふつうてはます無理ですよね。それがなぜかをこの映画では探っているんです」と語る監督のクリス・マッケイは長年のパットマン・ファン。彼は、バットマンがとくに極端な行動に出ているときでさえ、「彼はやはりとても共感を呼ぶキャラクターです」と言う。

「前作でバットマンのどこが特別だったかというと、あれたけ身勝手て、尊大なのに、どうしても憎めないやつという点なんです」と、前作から続いて製作を務めるダン・リンは見定める。「このキャラクターに関する新たなひねりだったのは、本人にはまったく自覚がないけれども、とんでもないことをしょっちゅう言うところでした。スーパーヒーローのジャンルらしくはないてすが、家族で楽しめる陽気なレゴらしさに溢れています」
マッケイはこう付け加える。「これをどんな映画にすべきかと検討していたとき、私たちには、はその気があれは愉快てチャーミングになりうることは分かっていましたし、ジョークを盛り込たくさんあることも分かっていました。でも、 私たちはギャグやコミカルなシーンばかりの作品にはしたくなかった。 突拍子もないアクション映画てありづつも、 キャラクターたちの感情面もしっかり描き、観客たちが共感できる理由を与えて、 心を動かす映画にする必要もあったんてす。私たちはそういう要素すべてを盛り込むことを目指しました。

レゴ バットマン ザ・ムービー ストーリー あらすじ

悪いヤツらから街を守るレゴ®バットマンは、みんなの人気者。基地もマシーンも、ぜんぶレゴ®。
だが正体は、とんでも“かまってちゃん”な、こまったちゃんヒーローだった!!仲間?「そんなの関係ねー!」でも家に帰ると、いつもひとりボッチ。そんなある日、元気すぎる新入りがやってくる!パンツ一丁の“パンいち”ボーイ、ロビンのせいで、バットマンのペースはガタガタに。

おまけに世界を乗っ取ろうと、ジョーカーが悪の軍団をめざめさせてしまった!キングコング、「あの」怪獣、ハリポタの「あの人」あで!あらゆるワルがおしよせて、世界が終わってしまう!?そんな中、ついに、2人がちからを合わせて立ち上がる…! レゴ®ワールドの運命は?

レゴ バットマン ザ・ムービー レビュー 感想


少年を養子として受け入れることで、父として、人間としての成長を描く映画が、バットマン!? しかもレゴ®ムービー?
毎作品多くの批評家から高評価を得る、レゴ®ムービーですが、今回も半端なく拘ったディテール・映像・ストーリー展開があなたを劇場で待っています。
大笑いの中で、やはりジワッと泣かされる!ロビンが「おっぱっぴー」と叫ぶ(吹替版)のも一周回って笑えてしまう! DCユニバースとワーナブラザーズの融合で出演可能となった、様々な「ワル」の登場も見逃せません。あなたはいくつ発見できるでしょうか? ロビン役で声の出演をするマイケル・セラが、ジュノ、スーパーバッド、スコット・ピルグリムのファンならとてもうれしいはず。たくさんの小ネタが来襲しますがちゃんと素晴らしいエンターテイメントになってて、何度も楽しめる映画です。

レゴ バットマン ザ・ムービー 特報・予告編

レゴ バットマン ザ・ムービー 特報

レゴ バットマン ザ・ムービー 予告編

レゴ バットマン ザ・ムービー 本予告(吹替版)

 

スタッフ

監督

クリス・マッケイ

脚本

  • セス・グラハム=スミス
  • クリス・マッケーナ
  • エリック・ソマーズ
  • ジャレッド・スターン
  • ジョン・ウィッティントン

編集

  • デビッド・バロウズ
  • マット・ビラ
  • ジョン・ベンゾン

音楽

ローン・バルフェ

日本語字幕翻訳

佐藤恵子

吹き替え版演出

久保宗一郎

翻訳監修

ピエール杉浦

出演 俳優・女優 キャスト

  • ウィル・アーネットバットマン/ブルース・ウェイン
  • マイケル・セラロビン/ディック・グレイソン
  • レイフ・ファインズアルフレッド
  • ロザリオ・ドーソンバッドガール/バーバラ・ゴードン
  • ザック・ガリフィアナキスジョーカー
  • ジェニー・スレイトハーレイ・クイン
  • マライア・キャリー市長
  • 山寺宏一バットマン/ブルース・ウェイン(日本語吹き替え)
  • 子安武人ジョーカー(日本語吹き替え)
  • 小島よしおロビン/ディック・グレイソン(日本語吹き替え)
  • 沢城みゆきバッドガール/バーバラ・ゴードン(日本語吹き替え)
  • オカリナ市長(日本語吹き替え)
  • ゆいPポイズン・アイビー(日本語吹き替え)

アメリカ上映日

2017.2.10

日本上映日

2017.4.1

上映時間

105分

製作年

2017年

映倫区分

G

配給

ワーナー・ブラザーズ映画

(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。