北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

岡田准一✕小栗旬主演『追憶』5月6日公開 試写会レビュー

Pocket
LINEで送る

映画『追憶』2017年5月6日公開

作品紹介

日本映画界の伝説(レジェンド)と
日本映画界を牽引する豪華俳優陣が奏でる
ヒューマンサスペンスの傑作誕生!

数々の日本映画の名作を世に送り出してきた、
監督・降旗康男と撮影・木村大作の黄金コンビ。
巨匠二人が9年ぶりにタッグを組んで挑むのが、本作『追憶』。

高倉健をはじめ、長年にわたり時代を代表する映画スターを撮り続けてきた二人が、
今作で主演に迎えるのは、その重厚な演技力から国民的人気を誇る岡田准一。
共演には、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、
吉岡秀隆といった日本を代表する豪華俳優陣が集結した。

撮影は風情豊かな北陸の地を中心に行われた。
荒ぶる日本海、立山連峰を臨む町並み、美しい間垣の集落、
能登半島に沈む夕陽など、観るものの魂を揺さぶる景観がスクリーンに焼き付けられた。

一つの殺人事件をきっかけに刑事、被害者、容疑者という形で
25年ぶりに再会を果たした幼なじみの3人。
それぞれが家庭をもち、歩んできた人生が、
再び交錯し運命の歯車を回し始める―――。

 

ストーリー/あらすじ

25年の時を経て交錯する7人の愛の行方とはー

富山県の漁港で殺人事件が起きた。
事件によって、かつて親友だった3人は、
刑事、容疑者、被害者として再会することになった。

刑事、四方篤(岡田准一)―――
妻(長澤まさみ)へ自分の心をうまく伝えられず、すれ違いの日々を送る。
なぜ、愛する人にも心を開くことが出来ないのか。

容疑者、田所啓太(小栗旬)―――
会社の好転、妻(木村文乃)の妊娠、新居の建築と幸せの絶頂の中、
なぜ、事件の真相を語ろうとしないのか。

被害者、川端悟(柄本佑)―――
倒産寸前の会社と家族のため、金策に奔走していた。
なぜ、殺されなければならなかったのか。

25年前、親に捨てられた3人は、
涼子(安藤サクラ)が営む、喫茶「ゆきわりそう」に身を寄せていた。
常連客の光男(吉岡秀隆)とともに5人はまるで家族のような間柄になった。
だが、ある事件を機に、その幸せは終わった。

無実を信じる四方の問いかけにも、田所は口をつぐむ。
一体、何を守ろうとしているのか。

3人の過去に何があったのか。
複雑に絡みあった壮大な人生のドラマは、
25年の時を経て、再び運命の歯車を回し始める。

『追憶』予告動画

試写会の感想

冒頭に映し出された冬の海が、なんとも物悲しく、胸に迫ってくる。

“追憶”は、暗く荒れ狂う北陸.富山の日本海こそ、この作品の主人公だ、と言わんばかりに印象深く、その後に展開されるドラマを暗示していた。

過去の事件を背負い、必死になって今を生きる人間の苦悩を、この北陸の風景は、時に荒々しく、時に穏やかに浮かび上がらせていく。まさに、降旗監督でしか描き得ない、日本映画の伝統を感じさせてくれる作品だ。

ストーリーは、二つの殺人事件によって翻弄される人間模様を描いているが、根底には、”人は人の為に生きる”と言う、人間愛の尊さに貫かれている。

中でも、3人の子供を預かる涼子(安藤サクラ)が、海に沈む夕日に”今日も一日無事に過ごす事が出来ました”と、涙ぐむシーンや、子供たちに別れを告げる時、吹雪が叩きつけるシーンは、愛の深さを強烈に印象づけ感動的だ。

そして、その子供たちが成長した姿を、岡田准一、小栗旬、柄本佑という、今まさに旬の俳優たちが演じているが、”追憶”と言う題名通り、過去を引きずった、口数少ない日本の男を好演している。

ラストの夕日の風景は、例えようのないほど切なく美しい。しばらくは、目に焼き付けておきたい、秀逸のシーンだ。

キャスト

  • 岡田准一
  • 小栗 旬
  • 柄本 佑
  • 長澤まさみ
  • 木村文乃
  • 安藤サクラ
  • 吉岡秀隆

    スタッフ

  • 監督:降旗康男
  • 脚本:青島 武 瀧本智行
  • 撮影:木村大作

道内公開劇場

  • 札幌シネマフロンティア
  • ユナイテッド・シネマ札幌 前
  • シネプレックス旭川
  • イオンシネマ旭川駅前
  • シネマ太陽函館
  • シネマ太陽帯広
  • イオンシネマ江別
  • イオンシネマ小樽
  • イオンシネマ北見
  • イオンシネマ釧路
  • ディノスシネマズ苫小牧

公開日

2017年5月6日

公式サイト

追憶

(C)2017映画「追憶」製作委員会