北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

ウディ・アレン監督の最新作『カフェ・ソサエティ』5月5日公開!試写会レビュー

Pocket
LINEで送る

監督・脚本ウディ・アレン『カフェ・ソサエティ』

「ミッドナイト・イン・パリ」の郷愁と陶酔を再び! ウディ・アレンが紡ぐ、ビター&スウィートでゴージャスな大人の ためのおとぎ話。

1930年代のハリウッド。映画産業で働くことを夢見てニューヨークからやってきた青年が、美しい女性と恋に 落ち、そして時代の象徴とも言える映画スターや著名人が集まるきらびやかな上流階級社会“カフェ・ソサエ ティ”の熱狂に陥ってゆく・・・。 シャネルのミューズとして活躍しているクリステンは、この映画のために特別に作られたオフホワイトのシルク とレースのドレスなどを堂々と着こなして登場。アレンが描き出す、華やかでエレガントなハリウッドのゴール デン・エイジに誰しもが酔いしれることだろう。

あらすじ/ストーリー

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功をめざす人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴェロニカ”愛称ヴォニー”の美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。ヴォニーには密かに交際中の別の男性がいたことに……。

試写会の感想・レビュー

1930年代映画産業黄金期のハリウッドから物語はスタートする。主人公のボビーを演じるェシー・アイゼンバーグと、ボビーの叔父の秘書役の麗しいヴォニーを演じたクリステン・スチュワートは、スパイコメディ映画『エージェント・ウルトラ』でもカップルを演じていた。彼らのシーンを観ると、『エージェント・ウルトラ』を思い出してクスクス笑ってしまう。

ボビーが好きになるヴェロニカことヴォニーには、別の彼氏がいて彼女はボビーよりもその彼を選ぶ。失意の中で出会った女性でこちらもまたヴェロニカ(ブレイク・ライブリー)という女性と出会うことになる。2人のヴォニー(どちらも相当な美人)の間で揺れ動く男心を、ウッディ・アレンの辛口なスパイスを加えて表現した作品。

ブレイク・ライブリーが演じるヴェロニカの美しさが控え目で、クリステン・スチュワート演じるヴォニーの引き立て役に見えた。『アデライン、100年目の恋』を演じた時の美しさは何処へいったものか?

それでもゴージャスな女性2人の間で、揺れる男心判らないでも無いが、煮え切らないホビーの態度にイライラした。
観客の感情を揺すぶるウッディ・アレン監督ってやっぱりスゴイと思いつつも、終始情けないボビーを蹴飛ばしてやりたい気持ちになった。アナタの周りにも、煮え切らない優柔不断男はいませんか?

Photo by Sabrina Lantos © 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

予告動画

 

監督&脚本:ウディ・アレン

キャスト:ジェシー・アイゼンバーグ、スティーヴ・カレル、クリステン・スチュワート、ブレイク・ライブリー 

道内公開劇場: シアターキノ、ユナイテッド・シネマ札幌で5月5日から公開!

原題: Cafe Society 上映時間: 96分
公式WEBサイト:http://movie-cafesociety.com/

Photo by Sabrina Lantos © 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。