北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

宇宙船で巻き起こるリアルなスペース・スリラー映画<ライフ>7 月 8 日公開

Pocket
LINEで送る

作品紹介

『デッドプール』脚本家が手掛けたリアルさを徹底的に追及したSF スリラー

「まるで TV のニュースを見ているような感覚で、“いま”起こり得るリアルさを徹底的に追及した」と製作陣が語る通り、実際に実現可能な技術と舞台設定で本作品は作りあげられた。宇宙船という限られた空間、そして無重力の中、未知の恐怖と向き合う彼らは極限のプレッシャーと恐怖に直面していく。

宇宙飛行士のメンバーに、『デッドプール』で世界的人気を博したライアン・レイノルズ、アカデミー賞®ノミネート俳優であるジェイク・ギレンホール、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネーション』で妖艶な魅力を披露したレベッカ・ファーガソン、そして日本が誇るハリウッド・スター、真田広之という豪華キャストが顔を揃える。監督は『デンジャラス・ラン』でライアン・レイノルズとタッグを組んだダニエル・エスピノーサ。脚本は『デッドプール』の名コンビ、ポール・ワーニックとレット・リース。

ストーリー

火星で採取した地球外生命体。 世界各国から集められた 6 人の宇宙飛行士。 火星で採取した<地球外生命体>の細胞を国際宇宙ステーション内で極秘調査するために、世界各国から集められた 6 人の宇宙飛行士たち。しかし、次第に進化・成長し、高い頭脳を持つ “それ” を前に、宇宙飛行士たちの関係も狂い始め、命も奪われていく。密室の宇宙船内で最後に生き残る<ライフ>は―

試写会の感想

無重力の国際ステーション(ISS)での悲劇!

ISSほど閉鎖的で常に生命を危機にさらしている空間はない。

地球外生命体の発見は、人間が宇宙に飛び立った時から探し続けている。

もし本当に見つかったら、それがはたしてどのくらいの知能があるかわからない。

好奇心だけで新しいものに興味を持つのは、時として危険なことなのかもしれない。

ISSを自由自在にさまよう生命体との戦いは地球人対生命体との知能戦!

死にたくないのは、人間も生命体も同じ。外に逃げることができない、SFパニックムービーだ!

ほぼ全てが、無重力状態の作品だが、ワイヤーワークには見えない自然な演技だった。

個性的な6人のキャストが演じる危機迫る緊迫感が、観客を恐怖のどん底に突き落としていく。

最後の最後まで安心できない、ラストシーンのどんでん返しにエンドロールで固まった。

地球の行く末が不安になる、そして警鐘ともいえる映画「ライフ」。

あの生命体の存在が現実なら、きっと私もワクワクしていたと思う。

映画『ライフ』予告編

7月 8 日 札幌シネマフロンティアで公開

製作/キャスト

監督:ダニエル・エスピノーサ(「チャイルド44 森に消えた子供たち」「デンジャラス・ラン」)
出演:・ジェイク・ギレンホール ・ライアン・レイノルズ ・レベッカ・ファーガソン ・真田広之
上映時間: 1時間44分
オフィシャルサイト
<配給>ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
©Copyright 2017 Sony Pictures Entertainment(Japan)Inc. All Rights Reserved.

Writer Profile

kieko
kieko
「E.T.」を観て、自転車は爆走すると空を飛ぶと信じ、「グーニーズ」を観て、海には大冒険が待っていると信じていました。そんな私が今注目しているのはインド映画界ボリウッド。踊って歌って笑ってる・・・だけじゃない魅力もあるんです♪
おすすめ
記事がありません