北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

高速道路でハプニング続出・密室アドベンチャー! 「ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~」7月22日公開

Pocket
LINEで送る

 

幸せいっぱいの、家族のバカンスのはずが、自慢の新車が止まらない!

『アーティスト』アカデミー賞製作陣が贈る、まさかのハートフル密室コメディ!!

ストーリー

待ちに待った夏休み、4人家族のコックス一家はおじいちゃんと共に、パパ自慢のピッカピカの新車でバカンスへ。しかし出発直後、ブレーキが制御不能に…時速160kmでハイウェイを大暴走!! 役立たずの無能警官、能天気なカーディーラー、追走する怒り心頭男、後部座席に隠れていた謎の不思議ちゃん?? などを巻き込み、車内はパニック状態に!! さらにっ絶体絶命の“密室”で明かされる“秘密”に家族は崩壊寸前!! そして向かう先には未曾有の大渋滞が!!果たしてコックス一家の運命は?!

試写会の感想

今年一番のお気に入りになってしまうかも知れない。ほとんど予備知識もなく観たのがむしろ良かった。本編を観た後に予告編をチェックしたけれど、ネタバレも含まれるので見ないことをおすすめする。その方がより楽しめるはず。
自慢の新車でバカンスへ出かける4人家族とおじいちゃん。パパとママは医者で裕福な家庭だ。生意気盛りの子供達はすでに家族で出かけるのは億劫そうで、出発直前に突然現れた義父のベンにママはおかんむりの様子。出発前からすでに不穏な展開・・・(笑)

パパは最新装備が満載の新車にご満悦。昭和男子の伝説的存在である「ナイトライダー」をご存知の方はイメージしやすいだろう。まるでかの車の如くスマートに運転手に語りかけてくる。パパはすっかりご機嫌でクルマと会話を楽しむ。

そんな楽しみもつかの間、クルマは間もなく故障。最初はパパのスピードの出し過ぎ?と思いきや、なんとブレーキが利かない。いろいろ試したもののより悪い状況になるばかりで、時速160キロで高速を走り続ける羽目に!

止められない暴走する車。前にもこんな映画があった。極悪テロリストとの攻防戦が繰り広げられるあの名作、キアヌ・リーブスの「スピード」。お気に入り映画のひとつだ。でもこちらはカラーが違う。緊迫した絶体絶命の危機の中、次々に繰り出される笑い。深刻きわまりない状況で、このコメディとは!

最初は声を殺して笑っていたが、我慢できずに大声で笑ってしまった。劇場内、斜め前に座る見知らぬあの方も声をあげて笑い出す。わかる、もう我慢できない・・・(笑)

キャラクターはみんな個性的ながら、パパの父であるおじいちゃんベンの存在は秀逸だ。次から次へと降りかかるトラブルの大半は彼が量産している。暴走はクルマが悪いのだが、ベンによる人災の割合も半端ではない。ろくでもない、神レベルのトラブルメーカー。とは言え嫁には疎まれていても、子供達やパパは彼が大好きで憎めない存在だ。

160キロで暴走する車。よりによってママは妊婦だし、なぜか見知らぬ女の子も乗っているし、次から次へと起こる(ほとんどベンが原因の)災難。果たして一家と見知らぬ彼女は救われるのか・・・?

ハラハラする極限状態に笑いが満載、さらにはミステリーも加わりなんと欲張りな映画だろうか。これでもかと繰り出されるフランス人のユーモアセンス、ぜひ堪能して下さい!

映画「ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~」予告

映画「ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~」劇場マナー広告

AI搭載新型車“メドゥーサ”CM

7月22 日( 土) 全国 ロー ドショロー ドショ! ディノスシネマズ 札幌 劇場 他

製作/キャスト

監督: ニコラ ・ブナム
製作者: トマ・ラングマン
出演: ・ジョゼ ・ガルシア 『グランド・ イリュージョン 』、『フレンチ ・ラン 』
・アンドレ・デュ ソリエ  『アメリ』、・カロリーヌ ・ヴィ ニョ 他
配給: ギャガ
製作国:フランス
原題 :A fond
上映時間: 92 分
オフィシャルサイト
© 2016 Chic Films – La Petite Reine Production – M6 Films – Wild Bunch

Writer Profile

kana
kana
フランス語講師。映画大好き、書くのも好きなのでHMRライターへ立候補。
仕事柄プライベートではフランス作品の鑑賞に偏りがちですが、様々なジャンルをバランスよく観たいです。子供の頃、若い頃はSFやアクション系が好きでしたが、近頃は人間ドラマ重視の作品により惹かれます。
おすすめ
記事がありません