北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

今度こそ、君を好きにならない―。『二度めの夏、二度と会えない君』9.1公開 試写会の感想

Pocket
LINEで送る

作品紹介

主演・村上虹郎。旬の実力派若手俳優が集結。

主人公の智を演じたのは、映画『2つ目の窓』『武曲 MUKOKU』など、圧倒的な存在感で注目を集めている村上虹郎。智をバンドに誘い、文化祭でのライブを夢みるヒロイン・燐を演じるのは、ガールズ・バンド「たんこぶちん」のVo&Gt吉田円佳。
バンドメンバーには、ドラムの花京院姫子をnon・no専属モデルの金城茉奈。ベースの石田六郎を数々の青春映画に出演する実力派若手俳優の山田裕貴。智の幼馴染みで生徒会長の菅野瑛子をAKB48の加藤玲奈が演じている。
また、彼らを厳しくも温かく見守る教頭役に本上まなみ、そしてメンバーのバンド活動を影ながら応援する楽器店オーナー役として菊池亜希子がスクリーンを彩る。
デビュー作で小学館ライトノベル大賞優秀賞を受賞した赤城大空の同名小説を原作に、バリエーション豊かな劇中音楽、疾走感あふれるライブシーンに彩られ、二度と来ない今年の夏を締めくくる青春純愛ラブストーリーが誕生した!

 

ストーリー

「バンド組もう!」高校3年の夏の始めに、彼女は言った。
智が通う北高に転校してきた燐は、文化祭でライブをするという夢を叶えるためにやってきた。
そしてメンバーとして集められたのが、智、姫子、六郎だった。
バンド活動が禁止されている中、生徒会長の菅野瑛子の手助けもあり、文化祭ライブは成功を収めた。
そして、夏のおわりに、智は燐に自分の想いを伝える。だがそれは取り返しのつかない言葉として刻まれ、2人を引き裂いてしまう。
なぜ、あんなことを言ってしまったのだろう。もしもやり直せるなら──そう思ったある日、半年前にタイムリープした智は、“あの夏”をやり直すチャンスを手にする。
今度は絶対に燐に“告白しない”と心に決めた智。しかし、二度めの夏は一度めと何か違っていた。

果たしてライブは成功するのか。二度めの夏はどんな結末を迎えるのか──。

 

試写会の感想

青春、音楽、恋愛、タイムリープと盛りだくさんな要素が組み込まれたこの映画の主人公・智を演じたのは、村上虹郎。見覚えのある顔つきに、なるほど!父は俳優の村上淳、母は歌手のUA。母親似のルックスが印象的。

物語は文化祭ライブ後の帰り道で、ボーカルの燐が倒れるシーンからスタートする。
燐は心臓病を患いながらも、治療より学校生活を優先していた。余命わずかの燐に好きという想いを伝えてしまう智。しかし互いに気まずい雰囲気のまま燐は亡くなってしまう。

そのことがショックで数ヶ月引きこもり、告白を後悔する智だった。しかし冬のある日、智は燐と出会った半年前にタイムリープしてしまう。智は自分の来た道をやり直すことで、今度こそ燐を好きにならない、彼女には告白しないと決め、燐が亡くなるまでの日々のやり直しを決めるのだった。

後悔する時間軸は誰にでもあるだろう。私には2年前に他界した母が無くなる前の時間や、心から愛する人に優しくできなかった時間、再びその時間に戻ることができたら、今度は必要以上に努力し未来を変えようと思うだろう。

智の後悔は、燐に告白してしまったことだけ。彼の視点はそこにしかない。
もし私が智の立場なら、燐が治療に専念できるよう、少しでも余命が長くなるよう、彼女の健康を気遣い手助けしたいと思う。

しかし男子高校生の考えは大人の私とは違う。あくまでも告白の後悔にこだわる。そこは不自然でならなかった。しかし彼なりの不器用な思いやりで燐や仲間との信頼を築き、バンド活動に取り組む姿と、高校生ならではのキラキラな時間を羨ましく感じた。

タイムリープ物の映画は今まで幾度となく観たが、本作は高校生の恋愛や温かい友情、音楽映画としての側面にSFファンタジーがミックスされ、これまでの青春映画と比べると型破り!
あの日に戻りたいと思う方にはぜひ観ていただきたい、ちょっぴり切ないラブストーリーです。

『二度めの夏、二度と会えない君』予告編

作品概要

監督:中西健二
脚本:長谷川康夫

出演:
・村上虹郎
・吉田円佳
・加藤玲奈
・金城茉奈
・山田裕貴
・本上まなみ
・菊池亜希子

原作:赤城大空『二度めの夏、二度と会えない君』
(小学館「ガガガ文庫」刊/ガガガ文庫10周年記念企画)

9月1日(金)より新宿バルト9、ディノスシネマズ札幌劇場、ソラシネマちとせ他全国ロードショー

配給:キノフィルムズ
上映時間:106分
©2017赤城大空・小学館/ 「二度めの夏、二度と会えない君」パートナーズ

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。