北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

待望の続編『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』EXILE TRIBE出演!8.19公開

Pocket
LINEで送る

【作品概要】

邦画最高峰のアクション感動超大作が誕生!
街を守る為、愛する人を守る為、家族を守る為、学校の看板を守る為、伝統を守る為、
それぞれの正義を掲げた5つのチームの総称・SWORDが競い合う街「SWORD地区」。
このSWORD地区を舞台に繰り広げられる本シリーズの映画1作目では、SWORD地区を再開発してカジノ建設を目論む反社会組織や海外マフィアが送り込んだ傭兵集団「MIGHTY WARRIORS」と対決するまでが描かれた。巨大コンテナ置き場を舞台に、500人を超える敵とSWORD連合軍とが激突するクライマックス・シーンは規格外のスケール感となり、話題となりました。新作(続編)では、ついにSWORD排除を目指す闇の勢力「九龍グループ」の全貌が明らかに。

また、お馴染みのAKIRA、青柳翔、TAKAHIRO、登坂広臣、岩田剛典、黒木啓司、山田裕貴、窪田正孝、林遣都ら実力派俳優はもちろんの事、新キャラクターとして、中村蒼、NAOTOと小林直己(ともに三代目J Soul Brothers)、関口メンディー(GENERATIONS)、さらには!謎に包まれた九龍グループの会長役として、すでに登場した岩城滉一、中村達也、 早乙女太一に加えて、津川雅彦、岸谷五朗、加藤雅也、笹野高史、高嶋政宏、木下ほうかという日本映画のレジェンド達も集結!
まさに【超全員主役】のオールスターキャスト!そこに、前作を凌駕するスーパーアクションの数々で目が離せない展開となっている!

【STORY】

この空の下、願う希望。
その想いが、俺たちをひとつにした―。
仲間との固い友情で結ばれた男たちのサーガは、
SWORD地区の空と未来をかけて、最大の決戦へ。

SWORD地区──。「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。
バラバラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。

そこに突然、彗星のごとく最凶の集団が現れる。暴力で人を束ね、街全体を震え上がらせていた暴君・林蘭丸(中村蒼)率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」。絶大な力で監獄に君臨していた王者・ジェシー(NAOTO)を筆頭とする武闘派集団「プリズンギャング」。

新たな敵は、恐怖によるSWORD支配を目論んでいた。さらに権力と癒着してカジノ建設の野望を持つ反社会組織「九龍グループ」と、その陰謀を暴こうとする琥珀、九十九(青柳翔)、雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)の激闘も絡み、SWORD地区はかつてない事態へと突入する。

そんな緊張がマックスに達したとき、ついに蘭丸率いるDOUBTがジェシーらプリズンギャングの力を借りて、深い因縁を持つWhite Rascalsに対決を挑む。圧倒的な勢力差を前にロッキー(黒木啓司)らWhite Rascalsは絶体絶命の窮地に陥るが──。

そこに現れたのは、仲間のため街のために覚悟を決めたコブラ(岩田剛典)らSWORDの仲間たちだった!
それぞれの想いが交差する中、未来をかけた最大の戦いが始まった。その果てに待ち受けるものは、希望か、それとも絶望か──。
 

試写会の感想

昨年夏公開の『HiGH&LOW THE MOVIE』と昨年秋公開『HiGH&LOW THE RED RAIN』の続編となるのが、本作『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』

前作よりも更にアクションがパワーアップした映画の冒頭で、パルクール技を惜しげもなく披露し更に多彩となる。
前作のHiGH&LOW THE RED RAINで雨宮兄弟の長兄・尊龍(斎藤工)が九龍グループから奪ったUSBファイルを、琥珀と雨宮兄弟✕九龍グループが奪い合う攻防戦。
後半ではSWORDの対立によるグループの抗争がストーリーのメインとなっている。

1980年代よりこの世に浮上してきた「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズや「クローズZERO」シリーズと、いわゆるヤンキー男子同士が闘うジャンルの現代版が「HiGH&LOW THE MOVIE」シリーズ。
手の拳が壊れてしまう程、容赦無く殴りつける喧嘩シーンに驚くが、EXILE TRIBEが出演多数とイケメン男子たちが、それぞれの大義名分を信じて闘いを繰り広げる。

個人的に好きな窪田正孝がRude Boysのスモーキー役で出演しているが、今回は『東京喰種 トーキョーグール』の撮影と被ったのか?露出度控えめで残念だ。

前半の極道のUSBファイルを奪い合うシーンで、今回から出演の小林直己が演じる九鬼が、まるでターミネーターのような身体能力で、雨宮兄弟と琥珀(AKIRA)を追い詰め、カーアクションは大迫力でハリウッド映画張りの見どころがある。

後半のSWORD地区「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」が、ぐちゃぐちゃに入り交ざる喧嘩のシーンはちょっと長すぎだ。
EXILEトライブのファン以外には、観るのが辛い部分もあり喧嘩が長いのは痛々しい。

殴って蹴ってもヤンキーたちは簡単に死なない!人間って丈夫に出来てるのね!と勘違いしてしまうほどの闘いぶりだが、あくまでも映画の世界である。
この映画みたいに、頭を殴ったり蹴ったりすると、人は簡単に死んでしまうので良い子は絶対に真似しないでほしいし、ナイフを出すのはルール違反。

ラップのライブシーンもあり、EXILE TRIBEの曲が劇中歌。音楽映画としても楽しめるのでファンは必見!続編は今年11月に公開です。

予告編

製作/キャスト

企画プロデュース:EXILE HIRO
脚本:平沼紀久、渡辺啓、福田晶平、Team HI-AX
監督:久保茂昭(「HiGH&LOW ドラマseason1」
総監督/「HiGH&LOW THE MOVIE」監督)
中茎強(「HiGH&LOWドラマseason2」監督)
アクション監督:大内貴仁(「HiGH&LOW THE MOVIE」/「るろうに剣心」シリーズ)
企画制作:HI-AX
製作著作:「HiGH&LOW」製作委員会
配給:松竹

出演:
【山王連合会】岩田剛典・鈴木伸之・町田啓太・山下健二郎・佐藤寛太・佐藤大樹・八木将康・岩谷翔吾・山本彰吾
【White Rascals】黒木啓司・遠藤雄弥・稲葉友・栁俊太郎・鬼龍院翔・喜矢武豊・歌広場淳・樽美酒研二/廣瀬智紀・松田凌・西川俊介・西村一輝
【鬼邪高校】山田裕貴・鈴木貴之・一ノ瀬ワタル・鈴木昂秀・龍/前田公輝/青木健・清原翔・陳内将
【RUDE BOYS】窪田正孝・佐野玲於・ZEN・永瀬匡・佐野岳
【達磨一家】林遣都・阿部亮平・小澤雄太/水野勝・田中俊介・守屋光治
【苺美瑠狂】小島藤子・工藤綾乃・楓・佐藤晴美・山口乃々華・城戸愛莉
【DOUBT】中村蒼・秋山真太郎・武田航平
【プリズンギャング】NAOTO・関口メンディ―・岩永ジョーイ・中谷太郎・JAY・武尊・城戸康裕
【MIGHTY WARRIORS】ELLY・大屋夏南・野替愁平・白濱亜嵐・ANARCHY/LIKIYA・祐真キキ
【雨宮兄弟】TAKAHIRO・登坂広臣/斎藤工
【ムゲン】AKIRA・青柳翔・高谷裕之・岡見勇信/井浦新
【九龍グループ・会長】津川雅彦・岩城滉一・岸谷五朗・加藤雅也・笹野高史・高嶋政宏・木下ほうか・中村達也・早乙女太一
【九龍グループ・組員】小林直己/武田幸三・黒石高大/夕輝壽太/尚玄/橘ケンチ・小野塚勇人・白石朋也・荒木秀行/渡邉紘平

天野浩成・藤井萩花・藤井夏恋・坂東希・池上幸平・中井ノエミ・葉加瀬マイ

長谷川初範・渡辺裕之・矢島健一・堀部圭亮・斎藤洋介・鈴木梨央/YOU/飯島直子/豊原功補/小泉今日子

上映時間:124分
オフィシャルサイト
©2017「HiGH&LOW」製作委員会

道内公開劇場

  • 札幌シネマフロンティア
  • ユナイテッド・シネマ
  • イオンシネマ江別
  • イオンシネマ小樽
  • イオンシネマ釧路
  • イオンシネマ北見
  • イオンシネマ旭川駅前
  • シネプレックス旭川
  • ディノスシネマズ旭川
  • ディノスシネマズ苫小牧

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。