北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

岩井俊二原作ドラマをアニメ化『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』広瀬すず/菅田将暉 8/18公開

Pocket
LINEで送る

【イントロダクション】

原作は『Love Letter』『リップヴァンウィンクルの花嫁』の岩井俊二。脚本は『モテキ』『バクマン。』の大根仁。刺激的な作品の数々で観客を魅了し続ける二人が綴るのは、“繰り返される夏の一日”を描くラブストーリー。総監督を務めるのは社会現象化した『化物語』『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之。独創性溢れる演出と映像表現でアニメ界に多大な影響を与える奇才が、アニメーションスタジオ「シャフト」と最強タッグを組み、イマジネーション豊かな世界を紡ぎ出す。
声の出演は、話題作への出演が相次ぐ広瀬すず。声優初挑戦となる菅田将暉。同世代のなかでも圧倒的な人気・実力を誇る二人のほか、声優界のトップランナー・宮野真守、国民的女優のひとり、松たか子と、ジャンルの垣根を越えた豪華キャストが集結。そして切なくも美しいメロディでラストを飾るのは、本作のためのコラボレーション“DAOKO×米津玄師”による主題歌「打上花火」。

「もしも、あのとき…」「もう一度、時間を戻せたら…」

2017年夏、最高峰のスタッフ・キャストが、未体験の恋の奇跡を打ち上げる。
   
【ストーリー】

繰り返す、夏のある一日。
夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、
「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。
そんななか、典道が想いを寄せるなずなは
母親の再婚が決まり転校することになった。

「かけおち、しよ」

なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。
それを見ているだけで助けられなかった典道。

「もしも、あのとき俺が…」

なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。
すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた…。
何度も繰り返される一日の果てに、なずなと典道がたどり着く運命は?
花火があがるとき、恋の奇跡が起きる―
   

【試写会の感想】

1993年夏に『if もしも』(フジテレビ系)の実写ドラマの1篇として放送された、岩井俊二監督・原作・脚本の作品を大根仁脚本、新房敬之監督の手によってアニメ映画化されたのが本作品。
物語は現代なのか?少し前の時代なのか?スマホが出てこないところを観ると時代は、ドラマとして放送された1993年頃のようだ。

主人公のなずな(声・広瀬すず)と典道(声・菅田将暉)は、中学校1年生。なずなは男子生徒から人気があり、美人で大人っぽい。
なずなは母親の再婚により、夏休み中に転校が決まっていた。

なずなを巡って、典道と友達の祐介が恋のライバルとなり、典道がその恋愛模様に後悔する。
なずなが海で拾った不思議な石の力を使ってタイムループをし『もし、あの時こうだったら』と典道の願う方向へ時間を巻き戻す。

最近はタイムループや時間軸が異なる異次元ストーリーが流行りなのか、時間を戻す映画が多いのは、人は常に後悔し時間を巻き戻したいという欲望があるのだろう。

なずなの色っぽいルックスや広瀬すずの声が、全く中学1年生には見えず、対する典道がピュアで子供っぽい。
男女間の温度差は『モテキ』や「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」の大根仁脚本ならでは。
男性目線の色っぽい理想の女性が、中学1年生のなずなに投影されているようだ。

かけおちに失敗しては、ゲームのようにリセットする典道。
『もし、こうだったら…』と時間を何度も巻き戻す。
夏の夜空に輝く、打ち上げ花火がタイムループの度に形が変わり、花火は平たいのか?丸いのか?と、典道と仲間の謎掛けが可笑しい。

1993年当時のドラマのイメージを崩さずに、岩井俊二原作へのリスペクトを感じる、大人のためのノスタルジックで甘い恋愛アニメ。

予告編

 

 

【スタッフ・声の出演】

原作:岩井俊二
脚本:大根仁
総監督:新房昭之
主題歌:「打上花火」DAOKO×米津玄師(TOY’S FACTORY)
声:広瀬すず/菅田将暉/松 たか子
上映時間:90分
オフィシャルサイト
(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

8月18日 全国東宝系にてロードショー

道内公開劇場

  • 札幌シネマフロンティア
  • 札幌シネマフロンティア
  • ユナイテッド・シネマ札幌
  • ディノスシネマズ旭川
  • イオンシネマ旭川駅前
  • シネマ太陽帯広
  • イオンシネマ江別
  • イオンシネマ小樽
  • イオンシネマ北見
  • イオンシネマ釧路
  • ディノスシネマズ苫小牧

Writer Profile

佐藤友美
佐藤友美
全ての映画の記事編集をしています。札幌の某コミュニティFM局で、生放送の映画紹介コーナーを経て映画ライターに転身。現在AIR-G' FM北海道brilliant days月に一度のペースで最新映画紹介で出演中。HMRライターでは映画鑑賞率が最も高く記事は最多です。