北海道の映画関連情報と最新映画情報・映画レビューを発信するサイト

運命の恋はどっち?「恋と嘘」10月14日公開 試写会の感想

Pocket
LINEで送る

作品紹介

結婚相手を政府が選ぶ恋愛禁止の世界。ある日、私たちは「恋」を通知される。
少子化が進んだ未来の日本では“政府”が国民の遺伝子情報を分析し最良の結婚相手を“通知”する「超・少子化対策法」が施行されていた。“政府通知”が来ると自由恋愛は禁止となるものの、遺伝子レベルでのマッチングシステムは功を奏し、“科学の赤い糸”と呼ばれ、幸せな結婚のかたちとして定着していた。

人よりちょっと優柔不断な仁坂葵は、通知が教えてくれる相手をずっと心待ちにしている女子高生。そんな葵の誕生日前日、幼なじみの司馬優翔に突然「好きだ」と告白される。小さな頃からいつもそばにいてくれる心優しい優翔の気持ちに戸惑う葵のもとに、無口でミステリアスな高千穂蒼佑が政府通知の相手として現れる。葵は蒼佑に心惹かれていくのだが…。

ストーリー

少子化が進んだ未来の日本では“政府”が国民の遺伝子情報を分析し最良の結婚相手を“通知”する「超・少子化対策法」が施行されていた。
“政府通知”が来ると自由恋愛は禁止となるものの、遺伝子レベルでのマッチングシステムは功を奏し、“科学の赤い糸”と呼ばれ、幸せな結婚のかたちとして定着していた。
人よりちょっと優柔不断な仁坂葵は、通知が教えてくれる相手をずっと心待ちにしている女子高生。
そんな葵は、誕生日前日、幼なじみの司馬優翔に突然「好きだ」と告白される。
小さな頃からいつもそばにいてくれる心優しい優翔の気持ちに戸惑う葵のもとに、無口でミステリアスな高千穂蒼佑が政府通知の相手として現れる。葵は蒼佑に心惹かれていくのだが…。

「恋と嘘」予告

試写会の感想

こ こ こ これは!今後更なるブレイクの予感しかしないイケメン男子が2人もっ!!

と、思わず取り乱したくなるようなラブストーリがこの秋 公開!!!

 

まず真っ先にお伝えしたい事。

『君の膵臓をたべたい』でもそう感じたのだが、北村匠海の演技が素晴らしい。

優しくて真っ直ぐな幼なじみ 司馬優翔というキャラクターを見事に演じきっていた。

自分の事よりも人の事を考え 奥ゆかしく 葵を見守る”最高”の幼なじみ 司馬くん。

言いたい事をグッとこらえ 葵の為にみせる笑顔が少し悲しそうな場面も多く、その健気さは観ている者の胸に迫るものがある。

DISH//の匠海くんも応援しているけれど、俳優 北村匠海のこれからの活躍に 期待せずにはいられない。

 

そして、もう1人のイケメン男子 佐藤寛太 が演じる “最良”の結婚相手 高千穂蒼佑のキャラクターも強く印象に残る。

まず、有無を言わせず 格好良い。

高身長でスタイルも良い。

私服がお洒落。

徐々に心を開いてきた頃に見せる笑顔が可愛い。

更には 総合病院の御曹司という超ハイスペック男子。

彼がただただ性格の悪い人であったなら すぐにでも司馬くんを応援したくなるのだが、これがそうではない事で葵同様 相当に迷う。

いや、誰も私に「司馬くんか高千穂くんか どちらか1人を選べ」とは言っていない。

そんな事は分かっているけれど、観ているうちに勝手に葵と自分とを置き換えていた私は 相当に迷う。

 

記述が遅くなったが、この物語の主人公は 仁坂葵。

政府通知(国で制定した「超・少子化対策法」により、遺伝子情報などを基に選出した最良なパートナーを 16歳の誕生日に知らせてくれる)を心待ちにする 女子高生だ。

ピュアで天然で優柔不断な彼女は時に残酷である。

結構2人を傷つけているようにも感じたがそこは気にしないでおこう。

純真無垢というのは 最強なのかもしれない。

実は本人もそんな最強女子なのか?と思わせる程 仁坂葵になりきれていた フレッシュな女優 森川葵。

偶然とはいえ 双方 「葵」という名前なのには縁を感じる。

 

そんな葵の未来は、切なくもあるが ある意味 いいとこ取り。

とは言え、いいとこ取りに夢を馳せるのもいいではないか。

ラブストーリーなのだから。

 

 

余談だが、1つ気になったのは、未来の高千穂くんのファッション。

親しい友達もいない10代の彼が あれだけセンスの良い私服で過ごしたのであれば、それがたとえ何年か後であっても持続しているハズ。

いや、そうあって欲しい!と思った私は 高千穂くんに 肩入れしすぎているのだろうか。

 

 

 

とにもかくにも、マンガアプリで連載中の『恋と嘘』のアナザーストーリーであるこの作品。

原作を知らずに観ても楽しめる事間違いなし。

話題のアーティスト 阪本奨悟の主題歌・挿入歌も お聴き逃しなく!

 

 

 

スタッフ/キャスト

監督:古澤健
原作:ムサヲ
脚本:吉田恵里香
製作:村田嘉邦 勝股英夫

キャスト
・森川葵
・北村匠海
・佐藤寛太
・浅川梨奈
・田辺桃子

配給:ショウゲート
上映時間:106分
英題: LOVE and LIES
公式サイト

(C)2017「恋と嘘」製作委員会
(C)ムサヲ/講談社

「恋と嘘」 10月14日公開

道内公開劇場

  • 札幌シネマフロンティア
  • イオンシネマ江別
  • イオンシネマ小樽
  • イオンシネマ北見
  • イオンシネマ釧路
  • イオンシネマ旭川駅前
  • ディノスシネマズ苫小牧

Writer Profile

YukieKanehira
YukieKanehira
映画・音楽・本 など 観たり聴いたり読んだりと忙しく過ごすのが好きなインドア派。恵庭発 北海道のMUSIC&ART情報誌 From E代表。不定期で企画LIVEを開催。10月以降から 恵庭市のコミュニティFM e-niwa にて、月に1度 映画と音楽などのお話を中心とした番組を放送開始予定…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。